☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

ジョーンズ法に対応した「BargeRack」、DNVのAIP取得

ジョーンズ法に対応した「BargeRack」、DNVのAIP取得 洋上風力発電
スポンサーリンク

ジョーンズ法に対応した「BargeRack」、DNVのAIP取得

2024年3月15日、石油掘削リグや洋上風力設置船などの設計を手掛けるFriede & Goldmanは、革新的な「BargeRack」システムがDNV GL Noble Denton Marine Warranty SurveyによるAIP(Approval in Principle:原則承認)を取得したと発表。

「BargeRack」システムは、ジョーンズ法に準拠していないSEP起重機船での施工に使用。風力タービン部材を積んだ輸送台船をSEP起重機船に搭載した装置でそのままリフトアップするという豪快なシステム。輸送台船は海面から引き上げられることによって波浪による船体動揺が完全に無くなり、SEP船の自船甲板に部材を積んで運搬した時と同じ状況を作り出すことができる。

「BargeRack」の動作状況を紹介する動画の中で、輸送台船をリフトアップする装置の能力について重量7,300トンを持ち上げる設計で、20MWの風力タービン部材輸送が可能であると述べています。

すでに運用されているほとんどの風力タービン設置船およびバージに大幅な変更を加えず適合するように設計されているという高い互換性も特徴の1つ。

2023年にFriede & Goldmanは、ノルウェーのOIM Windとともに3,200トン吊りクレーンを搭載した新型SEP船「FO-146」の設計を発表しています。

「BargeRack」システムの主な特徴

ジョーンズ法に対応した「BargeRack」、DNVのAIP取得
「BargeRack」システムを搭載したSEP起重機船
出典:Friede and Goldman
「BargeRack」システムの主な特徴
  • ジョーンズ法に準拠:既存タグやバージの使用促進
  • 高い互換性:既存船に大幅な変更を加えず適合するよう設計
  • 効率的な運用:輸送台船を持ち上げるため動作補償装置が不要
  • リフトアップ能力:7,300トン、20MWの風力タービン輸送が可能
  • 作業条件:有義波高2.5mまで動作可能

他にも、リフトアップする前に輸送台船を係留するシステムなどがあるようです。輸送台船自体をリフトアップするという効果は絶大ですが、相当な重量である巨大な風力タービン部材を積んだ台船を持ち上げるのは本当に大丈夫なんでしょうか。船底から台船を持ち上げるということは、持ち上げる時に接する位置で座礁しているのと同じ状態になり、接点には大きな荷重がかかる。既存のバージの使用にこだわらず、風力タービン部材を積んでリフトアップする前提で建造または補強を施した台船であれば問題無さそう。

スポンサーリンク

【動画】「BargeRack」による輸送技術

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。