☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

SiemensのSG14-236DDプロトタイプ用ブレードが出港

SiemensのSG14-236DDプロトタイプ用ブレードが出港 洋上風力発電

 Siemens Gamesaが設置を行っている「SG 14-236 DD」プロトタイプのブレードが完成し、運搬船「ROTRA MARE」に積まれてウスタイル(Østerild)試験場へ向かっているそうです。

スポンサーリンク

SG14-236DDプロトタイプ用ブレードがオールボーを出港

 長さ115mのブレードが完成し、プロトタイプの設置を行っているウスタイル(Østerild)試験場へ運ぶため、ブレード製造工場があるオールボー(Aalborg)で運搬船への積込が行われました。

 ウスタイル(Østerild)試験場では、タワー、ナセル、ハブなどブレード以外の設置は完了している状態。ブレードの設置が終われば部材の組立は完了。

オールボーでのブレード積み込み

 運搬船「ROTRA MARE」へ115mのブレード3枚を積み込みする動画が、Siemens GamesaのTwitterに投稿されていました。

岸壁上でブレードを移動させる車両
出典:Siemens Gamesa

 115mという長いブレードを船に積み込みするのは大変だと思うんですが、動画を見るとそんなに難しい作業をしているようには見えないのが不思議。

 ブレードを積み込むための架台を搭載している運搬船や岸壁上で長いブレードを移動させている運搬車両、荷役用のクレーンなど作業に適した設備や機材が整っているというのが理由かと思われる。

ブレード運搬船「ROTRA MARE」

運搬船「ROTRA MARE」
出典:Amasus Shipping

 今回、デンマークのオールボー(Aalborg)からウスタイル(Østerild)試験場の最寄り港ハンストホルム(Hanstholm)までブレード3枚を海上運搬したのは「ROTRA MARE」という運搬船。船体にもSiemens Gamesaの社名が書かれており、調べてみると2016年11月からSiemens Gamesaの専用運搬船となっているようです。

「ROTRA MARE」

 元は、2009年に建造されたコンテナなどを運ぶ貨物船でしたが、風車資材を運搬する専用船に改造され、2016年から風車資材運搬船として就航。この時に行われた改造により、船首部分から運搬車両の乗り入れが可能なRO-RO船になったそうです。

 同じ時期に「Rotra Vente」というもう1隻の運搬船もSiemens Gamesaの専用運搬船となっている。

 さらに、2021年末から2022年3月にかけて船体長さを141.6m → 153.2mへ11.6m延長する改造が行われた。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました