ジョーンズ法対策で使用される予定の洋上風車設置船

ジョーンズ法対策で使用される予定の洋上風車設置船 洋上風力発電

 アメリカのジョーンズ法対策としてSEP起重機船による風車資材の港内荷役を行わない方法で洋上風車の設置を行うという手法。以前の記事に出てきた台船に「Motion compensated platform」を搭載して風車資材を運搬するやり方に似てますね。途中までは同じですが最終段階が違います。

スポンサーリンク

Maersk Supply Service 新設計のSEP起重機船

出典:MAERSK

 Maersk Supply Serviceが建造しようとしてるSEP起重機船自体は、ジョーンズ法に準拠しておらず、建造はシンガポールのSembCorp Marineで、2022年第4四半期にsteel-cutting ceremonyが予定されている。世界最大のクレーン船「Sleipnir」が建造された造船所ですね。

ジョーンズ法についての記事
Maersk Supply Serviceのプレスリリース

Maersk Supply Service to construct pioneering wind installation vessel for Equinor and bp to operate in the U.S. market

(Maersk Supply Serviceは、米国市場で運用するEquinorおよびbpの先駆的な風力設備船を建設します。)

29 March 2022 | Maersk Supply Service to construct pioneering Wind Installation Vessel

 新設計のSEP起重機船の施工概要は、SEP起重機船が洋上風車設置場所に残り、タグボートとバージで風車資材を運搬。SEP起重機船に設けられた切り欠き部分に運搬台船を係留。台船上のトレイに乗った風車資材をリフトアップして受け取り。タグボートとバージは離脱。といった流れ。

新設計のSEP起重機船 3つの特徴
新設計のSEP起重機船 3つの特徴
  • 洋上の設置作業が30%高速化
  • Maersk Supply Serviceによる特許取得
  • ジョーンズ法準拠

 ”洋上の設置作業が30%高速化”に関しては、SEP起重機船の港に帰港して積み込みするという工程が無くなるので単純にその部分で工程短縮されているんだと思います。

施工イメージ動画
このまま行くと事故が起こる予感しかしない

 👆施工イメージの動画もありますが、この動画を見て出来ると思えてしまう人は施工に携わらない方がいいでしょうね。

 SEP起重機船のあの切り欠き部分に風車資材を積んだ運搬台船を運ぶのは無理かと。風車資材がSEP起重機船と干渉する高さで尚且つあのクリアランス。運搬台船の4隅にスラスター付けてても厳しいかも。SEPのレグがあるので運搬台船を大きくすることも出来ないし。

 結局、静穏な港内で運搬台船の受け取りを行うハメになって、”洋上の設置作業が30%高速化”のメリットは消えて無くなりそうな気がします。

 まだ今後、検討・改良の余地ありといったところでしょうか。

スポンサーリンク

使用予定の洋上風力発電所

 Maersk Supply Service が建造を予定している新設計のSEP起重機船は、アメリカの「Empire Wind 1 & 2」、「Beacon Wind」で使用される予定。

 現地での建設開始は、設置船の建造次第ですが2024年の中旬以降くらいになるんですかね。ちょっと先の話になりそうです。

プレスリリース:「Empire Wind」に続いて「Beacon Wind」の設置も契約

Maersk Supply Service awarded Preferred Supplier Agreement for second U.S. wind contract for its Wind Installation Vessel

(Maersk Supply Serviceは、風力発電設備船の2番目の米国風力契約について優先サプライヤー契約を締結しました)

Maersk Supply Service awarded PSA for second U.S. windfarm contract
出典:Equinor
「Empire Wind」、「Beacon Wind」の概要
Empire Wind 1 & 2
  • 設置位置:ニューヨーク州ロングアイランドの南東15〜30マイル、水深23m~41m。
  • 発電容量:2GW(816MW+1,260MW)
  • 風車基礎:着床式、他は不明
  • 風車形状:未決定 Vestas V236-15.0 MW、138基
  • 運転開始予定:2026年12月
Beacon Wind
  • 設置位置:マサチューセッツ州ナンタケットの南20マイル、水深23m~41m。
  • 発電容量:1,230MW
  • 洋上設置開始予定:2028年
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました