☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

中国で10,000トンの歴史的建造物を600m移設に成功

中国で10,000トンの歴史的建造物を600m移設に成功 建設機械・機器
スポンサーリンク

中国で10,000トンの歴史的建造物を600m移設に成功

Transporter Industry Internationalの掲載記事【2023年12月6日掲載】

Historic building weighing 10,000 t transported 600 metres on SCHEUERLE SPMTs

(重さ10,000トンの歴史的建造物をSCHEUERLE SPMTで600メートル輸送)

https://www.tii-group.com/tii/press/detail/triplerecord

中国北部の寧夏ねいか回族かいぞく自治区じちくにある石嘴山市せきしざんしで歴史的建造物を移設する作業がおこなわれたという。移設したのは、塞上江南博物館にある本館、2つの別館とそれに繋がる渡り通路、そして影壁と呼ばれる風水で言う気の流れを確保するために門の前に置かれる大きな衝立。

本館の大きさは長さ36.9m、幅31.5m、高さ43m、重量は10,000トン。その他の重量は別館が2,000トン、渡り通路が1,000トン、影壁は不明。

スポンサーリンク

10,000トンの移設に300軸のSPMTと10台のPPUを使用

SPMTによる重量10,000トンの歴史的建造物移設作業
出典:Transporter Industry International

Transporter Industry Internationalの掲載情報によると、10,000トンの本館移設時に使用したSPMT(Self-Propelled Modular Transporter)は300軸。そして10台のPPU(Power Pack Unit)と呼ばれる動力ユニットが使用されたそうです。PPU10台なので、それぞれ30軸に連結した10台のSPMTで10,000トンの本館を運搬。

10,000トンという重量に加えて、移設距離は600mで高低差が3mあり、難易度の高い移設作業だったそうです。これまでに世界で移設された建物のうち最大の重量、最大の高さ、そして1,000トン以上の重量で最も長い距離を移設した記録を樹立したと掲載記事で述べています。

1軸当たりの最大積載量60トン「SCHEUERLE SPMT」
出典:Transporter Industry International

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました