風速40m/s、波高15m以上のハリケーン内部の恐ろしい映像

風速40m/s、波高15m以上のハリケーン内部の恐ろしい映像宇宙、自然、歴史

 無人海洋ドローン(USVs)と呼ばれるハリケーンに関する科学データを計測するため開発された無人機によって撮影されたハリケーンが通過する嵐の中の映像。風速は40m/s以上、波高15m以上という想像を絶する過酷な状況。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Saildrone uncrewed surface vehicles (USVs)

出典:Saildrone

 海洋ドローンの開発を手掛けるSaildroneは、アメリカ海洋大気庁(NOAA)と提携し、ハリケーンに関する科学データを計測するため、2021年から無人海洋ドローン「USVs(Uncrewed Surface Vehicles)」を展開している。

 映像を撮影した無人海洋ドローンは、「SD 1078」と呼ばれるものでハリケーンシーズン中に大西洋とメキシコ湾で運用されている7つの「ハリケーン」セイルドローンの1つ。ハリケーンの物理的プロセスを解明するため24時間体制でデータを収集している。

 映像はカテゴリー4に発達したハリケーン「フィオナ」が大西洋を北上中に風速40m/s以上、波高15m以上という嵐の中撮影されたもの。嵐の中「SD 1078」は、時速15km程度の速度で航行。ところが、ある瞬間に16mを超える高波でサーフィン状態になり、一時的に時速60kmを超えるスピードに加速。最高速度39.7 mph(時速63.89km)を記録したそうです。

ハリケーンの強さの分類について
カテゴリーとは?

 ハリケーンの強さは、1分間の最大風速をもとに5段階に分類されている。カテゴリー3以上のものを大型ハリケーン(Major Hurricane)と呼ぶ。

分類風速(m/s換算)
カテゴリー133~42 m/s
カテゴリー243~49 m/s
カテゴリー350~58 m/s
カテゴリー459~69 m/s
カテゴリー570 m/s以上

ハリケーンの嵐の中の映像

 1本目は2022年9月22日、「SD 1078」で撮影されたハリケーン「フィオナ」(Hurricane Fiona)の嵐。

 2本目は2021年9月30日、「SD 1045」で撮影されたハリケーン「サム」(Hurricane Sam)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
宇宙、自然、歴史
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました