世界初の人工エネルギー島に設置する重量22,000トンのケーソン

世界初の人工エネルギー島に設置する重量22,000トンのケーソン 洋上風力発電
スポンサーリンク

世界初の人工エネルギー島「Princess Elisabeth Island」

出典:DEME Group

世界初の人工エネルギー島としてベルギー沖に建設が計画されている「Princess Elisabeth Island」。

2024年4月23日、オランダのフリッシンゲンにある「Princess Elisabeth Island」のケーソン製作場所をベルギー首相、エネルギー大臣、経済回復・戦略的投資担当の国務長官が視察のため訪問。一連の建設工事を担当しているのは、ベルギーの送電事業者Elia GroupとEPCI契約を締結したDEMEとJan De Nulの合弁会社TM EDISON。

ベルギー沖45kmに建設する「Princess Elisabeth Island」の外周に設置予定のケーソン23函のうち、最初の1函はほぼ完成しており、2024年夏に現地での設置が予定されている。

重量22,000トンのケーソンをスリップフォームで製作

世界初の人工エネルギー島に設置する重量22,000トンのケーソン
出典:Bygging-Uddemann

製作しているケーソンの大きさは長さ57m、幅30m、高さ30m、重量は22,000トン。ケーソンは5つのプロセスで製作が進められており、それぞれ20日間の工程で1函の製作に約3ヶ月かかるという。

なかでも注目なのは、ケーソンの壁をコンクリートで立ち上げていく工程。スリップフォーム工法を採用し、連続的にコンクリート打設を実施。1時間当たり10cmという速度で約10日間に渡って打設をおこない、高さ30mのケーソンを製作しているそうです。

コンクリートを打設して構造物を製作する場合、コンクリートが硬化するまで形状を一定に保持するため型枠を組み、その中にコンクリートを充填させるのが一般的で、セットフォームとも呼ばれます。一方、スリップフォームは設置した型枠にコンクリートを流し込むのではなく、移動する型枠内で成型・締固めをおこない、型枠をスライドさせながら連続した同一断面のコンクリート構造物を製作する方法。

巨大ケーソンは半潜水式バージで進水

製作したケーソンは ”ランナー” と呼ばれる輸送設備で製作場所から海側へ移動。そして、設置場所への輸送に向けて半潜水式バージを使用して進水し、港内で一時的に保管するため水中に仮置き。

2024年夏に仮置き場所から再度ケーソンを浮上させて現地へ曳航し、設置が予定されています。

人工エネルギー島「Princess Elisabeth Island」は2026年末に完成予定。その後、島内に電気設備などの設置がおこなわれるという。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました