4,000tクレーン船「海峰2001」によるモノパイル設置

4,000tクレーン船「海峰2001」によるモノパイル設置 洋上風力発電
スポンサーリンク

4,000トン吊りクレーン船「海峰2001」によるモノパイル設置

2024年4月9日、海南省沖の華能臨高洋上風力発電所(Huaneng Lingao Offshore Wind Farm)で4,000トン吊りクレーン船「海峰2001」によるモノパイル設置がおこなわれました。

最初のモノパイル設置がおこなわれた華能臨高洋上風力は、中国南部の海南省臨高県から北西22km位置し、東西方向に約14km、南北方向に約9kmという約80.5km2のエリアに10MWの風力タービン60基と洋上変電所1基を設置する計画。総発電容量は600MW。

設置したのはA37という位置のモノパイル。このモノパイルについては詳細不明ですが、最初に納入されたA01のモノパイルは最大直径8.5m、長さ95m、重量1,552トン。

打設が完了した画像を見ると、使用している油圧ハンマーはActeon Group傘下のドイツ企業MENCK社製。モノパイル上部に赤色のヤットコを載せており、装着している油圧ハンマーのスリーブに対してモノパイル外径が大きかったのかもしれません。

それと気になるのは、モノパイルを建て込むために使用している巨大な架台 ”杭安定化プラットフォーム”。中国でモノパイル打設時によく使用されています。この架台を設置・撤去だけでも数日はかかりそうなので効率的とは思えませんが何かしらメリットがあるんでしょうね。

4,000トン吊りクレーン船「海峰2001」

4,000トン吊り自航式クレーン船「海峰2001」引き渡し
4,000トン吊り自航式クレーン船「海峰2001」
出典:ZPMC
船名海峰2001
(HAI FENG 2001)
クレーン能力固定:4,000トン
旋回:3,000トン
長さ195m
46.9m
深さ16.0m
DPSDP2
航行速力10ノット
4,000トン吊り自航式クレーン船「海峰2001」
  • 2022年5月
    First Steel Cutting Ceremony 鉄鋼切断式
  • 2022年9月
    Keel Laying Ceremony 起工式(キール敷設)
  • 2023年4月
    Launching 進水式

    SEP船「海峰1001」「海峰1002」と同日に進水

  • 2023年7月
    海上公試完了
  • 2023年7月
    Delivery 完成・引き渡し
スポンサーリンク

華能臨高洋上風力発電所(Huaneng Lingao)

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました