清水建設の世界最大級SEP船が進水

起重機船-日本
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Blue Wind」建造順調

2020年12月よりジャパン・マリン・ユナイテッド呉事業所で清水建設が500億円を投資し建造している世界最大級の自航式SEP船がドックから進水した。

完成予定は当初計画の2022年10月のまま変更なし。

特徴のひとつである2,500トン吊の「Telescopic Crane」はまだ搭載されていないようです。他にもレグや居住区の建造も残っている。

初仕事は2023年 春の予定。

「Telescopic Crane」について紹介している参考記事

関連記事

「Blue Wind」の概要

吊上能力2,500トン吊
長さ142m
50m
深さ
レグ長さ90m
建造年2022年10月
建造場所ジャパンマリンユナイテッド(JMU):日本 呉
所有会社SHIMIZU CORPORATION(清水建設)
【追記】清水建設が建造中のSEP起重機船「BLUE WIND」SEA TRIAL実施中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました