クレーン船「Aegir」重量2,500トンのライザータレット撤去

クレーン船「Aegir」重量2,500トンのライザータレット撤去 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

オーストラリアでクレーン船「Aegir」がライザータレット撤去

西オーストラリア州のノースウェストケープから北へ約38km沖合でFPSO「Nganhurra」が使用していたライザータレット(RTM,Riser Turret Mooring)の撤去作業がおこなわれました。撤去作業をおこなったのは、Heerema Marine Contractorsのクレーン船「Aegir」。

撤去したライザータレットは、全長83m、重量2,500トン。その形状は、長崎の五島洋上風力で使用されているスパー型の浮体に似ており、浮いた状態で複数のチェーンによってカテナリー係留され使用されていました。撤去後は、運搬台船に積まれてAustralian Marine Complex (AMC)へ運ばれ、解体・リサイクルされるという。

ライザータレットを使用していたFPSO「Nganhurra」は、2018年11月に生産を停止。廃止措置に向けた作業がおこなわれ、翌月12月にタレットの係留が解除されてマレーシアへ向けて曳航されています。

FPSOとは?

FPSOとは、Floating Production, Storage and Offloading system(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)の略。海洋油田・ガス田のある洋上で石油・ガスを生産するための浮体式設備。生産した原油を船体内の貯油タンクに貯蔵し、輸送タンカーへ積出する。

スポンサーリンク

クレーン船「Aegir」による撤去作業の様子

YouTube動画リンク先 Woodside Energy | Nganhurra Riser Turret Mooring Safe Removal

色々調べている時に気付きましたが、クレーン船「Aegir」の吊り上げ能力が4,000トンから5,000トンにアップグレードされているようです。アップグレードは2021年4月に完了。

出典:Heerema
クレーン船「Aegir」アップグレード内容
  • メインホイストの能力を4,000トン→5,000トン
  • 2番ホイスト(2,000トン吊り)をジブの高い位置へ設置
  • 補助ホイストを750トン→1,000へ
  • デッキスペース拡張
  • バブルカーテン施工最適化のため冷水配管システム変更

 5,000トン吊りクレーン船「Aegir」の概要

船名Aegir
クレーン能力5,000トン
長さ211m
46m
DPSDP3
建造年2012年
5,000トン吊りクレーン船「Aegir」
出典:Heerema

 FPSO「Nganhurra」の概要

船名Nganhurra
総トン数88,584トン
載貨重量トン142,000トン
長さ259m
46m
建造年2006年
ライザータレットで係留されたFPSO「Nganhurra」
出典:PESA Energy Geoscience
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました