☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

JPモルガンがメタノール燃料に対応したCSOV2隻の建造契約

JPモルガンがメタノール燃料に対応したCSOV2隻の建造契約 洋上風力発電
スポンサーリンク

JPモルガンがメタノール燃料に対応したCSOV2隻の建造契約

出典:ULSTEIN
Ulsteinの掲載記事【2024年1月5日掲載】

Ulstein Verft: Two offshore wind farm CSOV newbuild contracts with J.P. Morgan

(Ulstein Verft:JPモルガンと洋上風力発電所CSOV新造契約2件)

https://ulstein.com/news/ulstein-verft-two-offshore-wind-farm-csov-newbuild-contracts-with-j-p-morgan

2024年1月5日、Ulstein VerftがJ.P. Morganとメタノール燃料に対応した2隻のCSOV建造契約を締結したとUlsteinが発表しました。この契約は、J.P. Morgan Asset Managementによるアドバイスを受けた機関投資家に代わり締結されており、2隻の建造オプションを含んでいる。

2023年7月に公表されたBernhard Schulte OffshoreによるCSOV「ULSTEIN SX222」2隻の建造契約。この契約には2隻+2隻という建造オプションが含まれており、これらの建造オプションがJ.P. Morgan Asset Managementによるアドバイスを受けた機関投資家に譲渡され、今回の契約締結に至ったことがUlsteinの発表記事で説明されています。

スポンサーリンク

TWIN X-STERNを搭載したCSOV「SX222」

種別SX222
長さ89.6m
19.2m
喫水(最大)5.9m
載貨重量トン数2,300トン
速力12.6ノット
宿泊設備110人
「SX222」の概要
ULSTEIN設計のSX222
出典:ULSTEIN

CSOV「SX222」は洋上風力向けに設計されており、Ulstein独自の革新的なデザインであるメインプロペラを前後に配置した「TWIN X-STERN」を搭載。さらに、メタノール燃料に対応したエンジンとハイブリッドバッテリー推進を備えており、ゼロエミッションを実現。 ユニークな設計と機能により、洋上風力発電の効率的で環境に優しいソリューションとなっている。

ただ、「TWIN X-STERN」を搭載したCSOVは「SX222」が初めてという訳ではなく、すでに建造が開始されている「SX216」で採用されています。「TWIN X-STERN」を初採用したCSOV「SX216」は、2023年1月にトルコのTersan ShipyardでActa Marine向けに建造が開始されており、2024年第2四半期に完成・引き渡し予定。

種別SX216
長さ89.9m
19.2m
喫水(最大)5.9m
載貨重量トン数2,200トン
速力12.8ノット
宿泊設備135人
「SX216」の概要
ULSTEIN設計のSX216
出典:ULSTEIN

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました