☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

フローティングドック改造、600トン吊りクレーン船「鉄建潜01」

フローティングドック改造、600トン吊りクレーン船「鉄建潜01」 洋上風力発電
スポンサーリンク

600トン吊りクレーン船「鉄建潜01」の改造完了

2023年9月26日、600トン吊りのクレーンを搭載したクレーン船「鉄建潜01」(TIE JIAN QIAN 01)の改造が完了したそうです。ただ、今回行われた改造はクレーンではなく、ウィンドラス。油圧式から電動式に変更され、巻き上げ能力を300kN(約30トン)から600kN(約60トン)へ増強。ウィンドラスの改造以外にも船体構造の強化やフェアリーダーなど付属品の交換がおこなわれたという。

ウィンドラスとは?

ウィンドラスとは、揚錨機とも呼ばれチェーンアンカーを操作する時に使用する船の装置。

ワイヤーウインチとは異なり、ドラム部分にチェーン(錨鎖)がはまり込む形状の鎖溝があり、これによってチェーンを巻き上げ・巻き下げする動作をおこなう。チェーンが収納されている場所は錨鎖庫(チェーンロッカー)と呼ばれている。

ウィンドラス
出典:Wikipedia | オリジナルのアップロード者は英語版ウィキペディアのLeonard G.さん – en.wikipediaからコモンズにIngerAlHaosului によって CommonsHelper を用いて移動されました。, CC 継承 1.0, リンクによる
スポンサーリンク

元はフローティングドックだった船を改造

だいたい察しは付いていると思いますが、クレーン船「鉄建潜01」は見ての通り、元はフローティングドックとして2015年に建造されました。そして、2021年5月に完了した改造によって600トン吊りのクレーンが搭載されたようです。

大きな特徴は半潜水式の船体を沈め、船底を着底させた状態で作業できるという点。このようなクレーン船を当ブログでは、着座式クレーン船と呼んでいます。600トンのクレーンを搭載した現時点でどの程度船体を沈められるのかは不明ですが、建造当初のフローティングドックでは最大深度25.5m。

最も船体を沈めた状態で、揚程は143m。着座した状態でも最大吊り上げ能力600トンは変わらない。改造の目的は、洋上風力発電設備の設置作業をおこなうためで、甲板上には約1,900m2の巨大なデッキを搭載しており、風力タービン部材を積み込んで運搬したり、自船でブレードを大組するために使用されるという。

船名鉄建潜01
クレーン能力600トン
揚程143m
長さ82.8m
40m
深さ6m
建造年2015年1月
スポンサーリンク

中国の着座式クレーン船

高さ118m、そびえ立つ塔の上にクレーン搭載した船の正体は?
600トン吊り「雄程9」
出典:龙船风电网
700トン吊り「巨杰702」
出典:龙船风电网
800トン吊りクレーン搭載完了 最大揚程205m
800トン吊り「華能博強02」
出典:南通润邦重机有限公司
1,200トン吊り「德浮1200」
出典:交通运输部烟台打捞局
船名クレーン能力揚程長さ高さ 最大作業水深 
鉄建潜01600トン143m82.8m40m不明不明
雄程9600トン不明 97.5m  92m  118m 52m
巨杰702700トン140m86m36m不明24m
華能博強02800トン205m140m37m不明不明
德浮12001,200トン不明106m42m18m10m
中国の着座式クレーン船

中国の着座式クレーン船は、これまでに記事で取り上げたものだけで5隻います。ほとんどが改造船ですが、「德浮1200」だけは着座式クレーン船として建造された新造船。

もともと高さのあるフローティングドックをベースに改造を施し、さらに背の高いクレーンを搭載して風力タービン設置のための揚程を確保。一見、発想は安直に思えますが、半潜水式の性能により船を沈め、さらに着底させて波浪による動揺を無くし、ジャッキアップしたSEP船と同じ状況を作り出しています。

作業できる水深に制限があり、使用できる海域が限定されるのと安定性に不安はありますが、思いついた発想を行動に移す実行力は素晴らしいのかもしれません。中国以外では流行らないと思いますけど。

着座式クレーン船に関する記事

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました