☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

20MWの洋上風車設置が可能、SEP船設計発表

20MWの洋上風車設置が可能、SEP船設計発表 洋上風力発電
スポンサーリンク

20MWの洋上風車設置が可能、SEP船設計発表

アメリカに本拠を置くFriede & Goldmanは、ノルウェーのOIM Windとともに新型SEP船「FO-146」の設計を発表しました。Friede & GoldmanがLinkedInへ投稿した情報によると、船体寸法は明らかにされていませんが、主な特長は以下の通り。

新型SEP船「FO-146」設計の主な特長
  • 地組したタワーを含む18MW×5基または20MW×4基のタービン部材を積込可能
  • 最大作業水深80m
  • 最大吊り上げ能力3,200トンのLEC(leg encircling crane)

Friede & Goldmanによると、新型SEP船「FO-146」は業界の大きな関心を集める設計となっており、需要の高まりに対応するため既に2隻の建造計画が進行中だという。

スポンサーリンク

新型SEP船「FO-146」紹介動画

LinkedInへの投稿ではイメージ動画が公開されており、その中で揚程や甲板上の貨物スペースなどが明らかにされています。特にこれまで建造されているSEP船と比べて目新しい点は見つけることが出来ませんでしたが、強いて言えばメインクレーン以外に搭載されている補助クレーンの配置が「CP-16001」に似ているなと感じました。中国のSEP船のように大きな補助クレーンを搭載するよりも小さなものをいくつか配置する方が効率的なのかもしれません。

クレーン能力3,200トン
揚程209m
甲板スペース6,200m2
作業水深80m
エンジン代替燃料
新型SEP船「FO-146」
出典:Friede & Goldman

 新型SEP船「FO-146」イメージ動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。