1,200トン吊りSEP船「海龙兴业号」アップグレード完了

1,200トン吊りSEP船「海龙兴业号」アップグレード完了 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

1,200トン吊りSEP船「海龙兴业号」アップグレード完了

2023年7月31日、中船黄埔文沖船舶有限公司で実施されていた1,200トン吊りSEP起重機船「海龙兴业号」(Hai Long Xing Ye Hao)のアップグレードが完了。SEP船「海龙兴业号」は、2019年に今回アップグレードをおこなった中船黄埔文沖船舶で建造されており、建造からまだ4年しか経過していない。

アップグレード内容は、主にクレーンとレグの増強。今回のアップグレードにより最大16MWの風力タービン設置が可能になったという。

クレーンのアップグレード

アップグレード前のSEP船「海龙兴业号」
出典:广东精铟海洋工程股份有限公司
アップグレード後のSEP船「海龙兴业号」
出典:龙船风电网

クレーンのアップグレードでは、ブームが交換され揚程は甲板上から150mに増加。アップグレード前はジブレストの受け台がブリッジ上部にありましたが、ブームが長くなったためブリッジ前側にジブレストが新設されています。

最大吊り上げ能力は変わらず1,200トンですが、メインフック単独の容量が増強されているようです。元々、メインフックには600トンフックが2つ備わっていましたが、単独でのフック容量が600トンから900トンに増加。しかし、最大吊り上げ能力は1,200トンのままという不思議な仕様。恐らくモノパイルを建て起こす時に自船のクレーンだけで作業すると2フックで吊り上げた後、最終的に建て起こした状態では1フックで吊っている状態になるということが理由だと思われる。1つのフック容量を増強することで、それだけ重いモノパイルを取り扱うことが可能になる。

レグのアップグレード

レグのアップグレードでは、建造時に91.44mだったレグ長さが110mに延長されている。そして、スパッドシューと呼ばれるレグ底部の部分も改良が施され強化。中国のニュース記事でもスパッドシューのアップグレードについては難易度が高いという説明ですが、中船黄埔文沖船舶は技術的問題を克服し、作業を完了したと報告されています。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました