ØrstedがCadelerのSEP船1隻を4年間の長期傭船

ØrstedがCadelerのSEP船1隻を4年間の長期傭船 洋上風力発電
スポンサーリンク

ØrstedがCadelerのSEP船1隻を4年間の長期傭船

2024年4月8日、ØrstedとCadelerは建造中のSEP船1隻について長期傭船契約を締結したと発表。傭船期間は、2027年第1四半期から2030年末までの4年間。

傭船するのは、2隻建造予定のA-Class(以前はF-class)と呼ばれるSEP船「Wind Ally」「Wind Ace」のうち、どちらか1隻。引き渡し予定はそれぞれ、2025年第4四半期と2026年後半になっているので、現段階のスケジュールで進捗するとどちらでも配船は可能。

2隻とも中国のCOSCO Shippingと建造契約を締結しており、「Wind Ally」は2023年9月に建造に着工しています。

スポンサーリンク

A-ClassのSEP起重機船について

CadelerのA-Classと呼ばれるSEP起重機船は、船体設計をNOV傘下のGustoMSCが担当し、Huisman製のクレーンを搭載する予定。船体設計のベースになっているのはGustoMSCの「NG-20000X」ですが、Cadelerのウェブサイトで船体寸法などの詳細情報は公表されていない。クレーンの最大吊り上げ能力は、Huismanの受注時に公表された内容によると2,600トン。

特徴の1つに基礎設置船から風力タービン設置船への転換が迅速におこなえるという点があります。どのような仕組みなのかは説明されていないので不明ですが、恐らく清水建設の「BLUE WIND」と同様にテレスコピッククレーンを搭載するのではないかと勝手に思ってます。建造が進んでいけば明らかになるでしょう。

今回発表されたCadelerのプレスリリースでは、SEP船の甲板積載容量について明らかにされており、モノパイルについてはXXLモノパイルを最大6基、風力タービン部材は15MWを7セットまたは20MWを5セットを自船甲板に積載することが出来るという。

船体設計NG-20000X
長さ151.1m
58m
深さ12m
レグ長さ120m
作業水深70m(最大)
貨物スペース5,600m2
積載重量16,100トン
宿泊設備130人
スポンサーリンク

洋上風力に関する作業船傭船に関する記事

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました