SEP船「铁建风电01」による出力11MW風力タービン設置

SEP船「铁建风电01」による出力11MW風力タービン設置洋上風力発電
スポンサーリンク

SEP船「铁建风电01」による出力11MW風力タービン設置

広東省 陽江市 陽西県 沙扒鎮沖で建設中の粵電陽江青洲一、二(YUEDIAN YANGJIANG QINGZHOU 1,2)洋上風力プロジェクトで1,300トン吊りSEP起重機船「铁建风电01」(Tie Jian Feng Dian 01)による出力11MW風力タービンの設置がおこなわれました。

設置した風力タービンは、明陽智能(MingYang Smart Energy)の11MW風力タービン「MySE11-230」。設置数は92基で総発電容量は1,000MW。風力タービンのブレード長さは111.5m、ローター直径230m。かなりの大きさですが、自船の甲板上でブレード3枚とハブを一体化した状態で設置。一体化した重量は269トン。そして取付するハブ高さは138.7m。結構、スゴイことをやってます。

同じ風力発電所エリア内では先日、アジア最大のクレーン船12,000トン吊りの「振華30」により重量約6,450トンの洋上変電所トップサイドのが設置がおこなわれています。

「粵電陽江青洲一、二洋上風力プロジェクト」では、2022年7月に台風による荒天でクレーン船「福景001」が沈没する事故が発生。乗船していた30人のうち救助されたのは4人だけで25人が死亡、1人が行方不明になるという重大災害が起き、その影響で工事は遅れているという。

粵電陽江青洲一、二洋上風力プロジェクトの概要
  • 設置位置:広東省 陽江市 陽西県 沙扒鎮から南へ約50km、水深35~43m
  • 発電容量:1,000MW(1:400MW、2:600MW)
  • 風力タービン:Mingyang Smart Energy MySE11-230、11MW、92基(1:37基、2:55基)
  • 風車基礎:着床式
  • 運転開始予定:不明
スポンサーリンク

SEP船「铁建风电01」揚程増加のアップグレードを実施

メインクレーンのブームをアップグレードするSEP船「铁建风电01」

11MW風力タービン設置をおこなったSEP船「铁建风电01」は、2023年3月30日に揚程を増加させる目的でメインクレーンのブームを取り換えるアップグレードを完了。クレーンの吊り上げ能力は1,300トンを維持したまま。メインフックの揚程は甲板上120mから143mにアップ、補助フックの揚程は甲板上130mから153mにアップ。

船名铁建风电01
(Tie Jian Feng Dian 01)
クレーン能力1,300トン
長さ105m
42m
深さ8.5m
レグ長さ85m
最大作業水深50m
DPSDP-2
建造年2019年11月

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました