☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

世界最大となる3,500トン吊りSEP船 建造開始

世界最大となる3,500トン吊りSEP船 建造開始起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

世界最大となる3,500トン吊りSEP船 建造開始

2023年8月2日、上海振華重工(ZPMC)が正力海洋発展有限公司向けに建造する3,500トン吊りSEP起重機船の建造を開始する式典が江蘇省 南通市でおこなわれました。

現時点で運用されている世界最大のSEP船は、3,200トン吊りの「Voltaire」。これと同等もしくはそれ以上の吊り上げ能力を持つSEP船も建造されていますが、3,500トンには及ばない。

建造中または建造予定のSEP船のうち、吊り上げ能力3,000トン以上のクレーンを搭載するSEP船を調べてみました。今回の正力海発向けとなる3,500トン吊りSEP船を含めると4隻。その内、3隻は2024年に完成予定となっている。

船名クレーン能力長さ深さレグ長さ建造年
Voltaire3,200トン169.3m60.0m14.6m130m2022年12月
未定(正力海発)3,500トン143.8m56.6m13m136m2024年末(予定)
未定(Havfram)3,250トン151.1m58.0m不明120m2024年(予定)
Boreas3,000トン+176m63m13.2m127.4m2024年(予定)
未定(Cadeler F-class)3,000トン+不明不明不明不明2026年後半(予定)
運用中または建造している世界最大クラスのSEP起重機船
巨大SEP船「Voltaire」初作業に向けて英国に到着
Voltaire(3,200t)
2022年12月完成
中国で3,500トン吊りSEP起重機船の建造契約
正力海洋(3,500t)
2024年末 完成予定
ノルウェーのHavframは中国で3,250トン吊りのSEP船を建造中
Havfram(3,250t)
2024年完成予定
Van Oordの3,000トン吊りSEP起重機船「Boreas」建造開始
Boreas(3,000t+)
2024年完成予定
Cadeler F-class(3,000t+)
2026年後半完成予定
スポンサーリンク

20MWの風力タービン設置が可能

中国のニュース記事によると船体設計は、上海振華重工(ZPMC)による独自設計だという。船体寸法は長さ143.8m、幅56.6m、レグ長さは 136mで水深70mの海域で作業することが出来る。3,500トン吊りのメインクレーンに加えて、350トン吊りの補助クレーンを搭載。揚程は不明ですが、20MWの風力タービン設置が可能だという。

風力タービン設置だけではなく、大型パイルグリッパーも搭載される予定で大口径モノパイル設置作業も想定されている。完成イメージの画像では、自船甲板上に多くの風力タービン部材やトランジションピースなどが積まれており、メインクレーン付近の船尾側にパイルグリッパーらしきものが搭載されているのが確認できる。一般的な方法だとその位置にブレードラックを置いてブレードを積みますが、パイルグリッパーがあることでブレードは右舷側のスペースに縦方向で置かれています。イメージ図なので深く考えていない可能性が高そうですが、効率的かどうかは別にして方法としては斬新。実際は多分やらないと思いますけど。

船名未定(正力海発)
クレーン能力(メイン) 3,500トン
(補助) 350トン
長さ143.8m
56.6m
深さ13m
レグ長さ136m
最大作業水深70m
定員150人
アジマススラスター(船尾)3,500kW×3
バウスラスター(船首)3,000kW×2
格納式スラスター(船首)3,000kW×1
DPSDP2
航行速力8ノット

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました