☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

石狩湾新港洋上風力で工事本格化、現場の様子を報道公開

石狩湾新港洋上風力で工事本格化、現場の様子を報道公開 洋上風力発電
スポンサーリンク

石狩湾新港洋上風力で工事本格化、現場の様子を報道公開

国内最大級 石狩湾新港沖洋上風力発電プロジェクト工事本格化

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20230608/7000058164.html

 2023年6月8日、石狩湾新港の沖合で国内最大級の洋上風力発電プロジェクトの工事が本格化し、現場の様子が報道陣に公開されました。「石狩湾新港洋上風力発電所」では、Siemens Gamesaの出力8MW風力タービン「SG 8.0-167 DD」を14基設置する計画で、風力タービン基礎の形状はこれまでに国内で建設された秋田洋上風力や入善洋上風力で採用されていた基礎形状のモノパイルとは異なるジャケット式を採用している。

 ジャケット式基礎の設置にあたっては先行して基礎杭の打設が行われ、ジャケット1基に対して4本、全14基で合計56本の基礎杭を打設。作業を行ったのは、森長組の1,800トン吊りクレーン船「第一豊号」。

スポンサーリンク

ジャケット設置は深田サルベージ建設の起重機船「金剛」

2,050トン吊り起重機船「金剛」(石狩湾新港とは別の他現場、参考画像)
出典:FUKADA SALVAGE & MARINE WORKS

 今回の報道公開された情報で、ジャケット設置を深田サルベージ建設の起重機船「金剛」が行っているということが分かりました。起重機船「金剛」は最大2,050トン吊り、搭載されているメインフックは1,025トン吊りが2基でブーム先端の補助フックは200トン吊り。石狩湾新港の基礎ジャケット重量は約750トンなので施工は問題なさそうです。ジャケットは日鉄エンジニアリングの北九州市にある若松工場で14基の製作が行われました。

スポンサーリンク

国内最⼤規模の洋上⾵⼒と蓄電池を保有する洋上風力発電所

石狩湾新港洋上風力発電所の概要
  • 国内最大の8MW洋上風車設置
  • 国内最⼤規模の洋上⾵⼒と蓄電池を保有する施設
  • 設置位置:北海道 石狩湾新港、沖合1.6km
  • 発電容量:設備容量112MW(接続容量99MW)
  • 風力タービン:Siemens Gamesa SG 8.0-167 DD、8MW、14基
  • 風車基礎:着床式、ジャケット式(重量750トン)、先行杭
  • 売電先:北海道電力ネットワーク株式会社、売電期間20年
  • 運転開始予定:2023年12月

 まだ国内で建設されている商用規模の洋上風力発電所は多くありませんが、「石狩湾新港洋上風力発電所」で設置する予定の風力タービンは出力8MWで設置を開始している中では最大。ですが、4月末に起工式が行われた「北九州響灘洋上ウインドファーム」で設置する予定の風力タービンは9.5MW。世界的に洋上風力発電所のスケールアップは加速していますが、国内の洋上風力でも同様の現象が短いスパンで起きていることが分かります。

発電所名称発電容量単機出力風車基礎運転開始
秋田港洋上風力発電所54.6MW4.2MW着床式、モノパイル2023年1月
能代港洋上風力発電所84MW4.2MW着床式、モノパイル2022年12月
入善洋上風力発電所9MW3MW着床式、モノパイル2023年9月(予定)
石狩湾新港洋上風力発電所112MW8MW着床式、ジャケット2023年12月(予定)
五島市沖洋上風力発電所16.8MW2.1MW浮体式、スパー2024年1月(予定)
北九州響灘洋上ウインドファーム220MW9.5MW着床式、ジャケット2025年度(予定)
日本国内にある運転中または建設中の洋上風力発電所

 「石狩湾新港洋上風力発電所」には国内最大規模となる発電容量の他にも洋上風力で発電した電力を陸上で蓄電する設備を保有するという特徴があります。洋上風力による出力が発電所の出力を上回る時は蓄電池に充電し、逆に洋上風力による出力が発電所の出力を下回る時は蓄電池から放電してその差を補うという電力ロスが出ない仕組みを採用している、というと聞こえはいいですが、蓄電池に電力を蓄電する根本的な理由・原因は電力需給事情や電力系統による制約で発電した電力を全量使い切ることが出来ない時間帯が長いからだという。

 ただ、大型蓄電施設を設置しても余剰電力が相当量発生するらしく、その余剰電力を利用して水素サプライチェーン構築の事業実現性及び実証事業の検討も行うという。

スポンサーリンク

風力タービン設置は清水建設のSEP船「BLUE WIND」

 「石狩湾新港洋上風力発電所」で8MWの風車設置を行うのは、つい先日、入善洋上風力発電所で風力タービン設置を完了した清水建設のSEP起重機船「BLUE WIND」。建造時の説明では15MW級の風力タービン設置が可能と謳っているので、施工自体は問題ないと思われる。注目すべきは施工速度。入善では非常にゆっくりとしたペースで施工を進めていましたが、いつまでも同様のペースで施工することは出来ない。安全・確実は大前提、石狩湾新港ではプロの施工を見せて欲しい。

 報道されている情報によると、風力タービンの建設工事は、地元漁協との取り決めで秋さけ漁が始まる前までに終えることになっているという。なので8月までに14基すべての設置を終えることが至上命令となる。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました