1,200トン吊りSEP船「海龙风彩」ジャッキアップテスト完了

1,200トン吊りSEP船「海龙风彩」ジャッキアップテスト完了 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

1,200トン吊りSEP船「海龙风彩」ジャッキアップテスト完了

 中国の招商局重工(CMHI)海門基地で建造しているSEP起重機船「海龙风彩」(HAI LONG FENG CAI)のジャッキアップテストが完了。搭載されているレグの長さは130m、最大水深70mの海域で作業することができる。

 自航式のSEP起重機船「海龙风彩」は、DP-1のDPS(自動船位保持装置)を搭載。1,200トン吊りのメインクレーンに加え、400トン吊りの補助クレーンを備えており、どちらもLEC(Leg Encircling Crane)を採用している。

船名海龙风彩
(HAI LONG FENG CAI)
クレーン能力1,200トン(メイン)
400トン(補助)
長さ128m
48m
深さ9.5m
レグ長さ130m
(最大作業水深 70m)
DPSDP-1
SEP起重機船「海龙风彩」の概要
ジャッキアップテストを行うSEP起重機船「海龙风彩」
出典:龙船风电网
スポンサーリンク

後ろのSEP船は建造中の1,600トン吊り「招商乘风」

 ジャッキアップテストを行う「海龙风彩」の後ろで同じようにジャッキアップし、クレーンを起こしているSEP船は「招商乘风」(ZHAO SHANG CHENGFENG)。「海龙风彩」とほぼ同時期に進水を行っており、搭載しているクレーンは1,600トン吊り。

 2022年5月17日に「CMHI-272-01」というプロジェクト名で建造が開始され、船体寸法などは不明ですが、最大作業水深は70m、自航式でDP-2搭載、宿泊設備は130人分。完成すると、20MW級の風力タービン設置が可能というだけあってクレーンジブは相当長い。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました