☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

台湾の中能洋上風力で全31基のジャケット基礎設置完了

台湾の中能洋上風力で全31基のジャケット基礎設置完了 洋上風力発電
スポンサーリンク

台湾の中能洋上風力で全31基のジャケット基礎設置完了

「Green Jade」によるジャケット設置
出典:Zhong Neng Project
「Green Jade」によるジャケット設置
出典:LinkedIn | Joris Hol

2024年3月4日、台湾の中能洋上風力発電所(Zhong Neng Offshore Wind Farm)で全31基のジャケット基礎設置が完了したと中能洋上風力発電所CEO Joris Hol氏がLinkedInへの投稿で明らかにしました。Copenhagen Offshore PartnersのJoris Hol氏は、渢妙洋上風力発電所(Feng Miao Offshore wind farm)のCEOという肩書も持っている。

Joris Hol氏は、課題はまだ残っているが、中能洋上風力発電所は2024年後半の完成を目指し、残っている建設工事の遂行に最善の努力を続けていくと投稿の中で述べています。

中能洋上風力発電所では、2023年8月から4,000トン吊りクレーン船「Green Jade」によるジャケット設置作業が開始されていました。2023年6月に完成・引き渡しがおこなわれたクレーン船「Green Jade」にとって中能洋上風力発電所が初作業の現場。

スポンサーリンク

4,000トン吊りクレーン船「Green Jade」

船名Green Jade
(環海翡翠)
吊上能力4,000トン吊
長さ216.5m
49.0m
深さ16.8m
DPSDP3
甲板スペース168m×49m
甲板強度20t/m2
宿泊設備160人
建造年2023年 6月
所有会社CDWE
1基目のジャケット基礎設置をおこなうクレーン船「Green Jade」
出典:CSBC-DEME Wind Engineering
スポンサーリンク

中能洋上風力(Zhong Neng Offshore Wind)の概要

中能洋上風力(Zhong Neng Offshore Wind)の概要
  • 設置位置:台湾 彰化県の海岸から10km沖合
  • 発電容量:298MW
  • 風力タービン:Vestas V174-9.6 MW、31基
  • 風車基礎:着床式、ジャケット(基礎杭3本/基)
  • 運転開始予定:2024年
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。