☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

1,600トン吊りSEP船「巨杰1600」建造情報

1,600トン吊りSEP船「巨杰1600」建造情報 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

1,600トン吊りSEP船「巨杰1600」

建造中の1,600トン吊りSEP起重機船「巨杰1600」
出典:南通象屿海洋装备有限责任公司

中国 江蘇省南通市の南通象嶼海洋装備有限責任公司で建造している巨杰科技発展集団股份有限公司向けのSEP起重機船「巨杰1600」。2022年5月に建造が開始され、2023年4月に進水、そしてこのたび出渠したようです。今後は、メインクレーンの搭載やレグの延長がおこなわれる予定。完成時期は不明。

SEP起重機船「巨杰1600」(JU JIE 1600)に搭載されるクレーンは、1,600トン吊りのメインクレーンと250トン吊りの補助クレーン。補助クレーンの方はすでに設置されていますが、メインクレーンの設置作業はこれからという段階。船体寸法は長さ123.95m、幅48m、深さ9.5m、レグ長さは不明ですが最大作業水深は70m。

進水時の様子(2023年4月)
出典:巨杰科技发展集团股份有限公司

船尾には2,400kwのアジマススラスター3基と船首に2,000kwのサイドスラスター2基を搭載し、自航式で設計速力は8ノット。

動力となる発電機には、出力2,340kwのメイン発電機6台を備え、その他に800kwの停泊用発電機1台、400kwの非常用発電機1台を積んでいる。

クレーンの揚程は不明ですが、最大で20MW風力タービン設置が可能で、自船の甲板上で風力タービンを組み立てる機能を備えているという。

船名巨杰1600
(JU JIE 1600)
クレーン能力主:1600トン
補助:250トン
長さ123.95m
48m
深さ9.5m
レグ長さ不明
最大作業水深70m
プロペラ2,400kwアジマススラスター×3
2,000kwサイドスラスター×2
設計速力8ノット
DPSDP-2
宿泊設備118人

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました