☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

2,500トン吊りSEP船「Seaway Ventus」進水式

2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」進水式 起重機船、クレーン船

 中国で建造中の2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」の進水式が行われました。船体設計は GustoMSC によるもので、日本の清水建設が建造した「BLUE WIND」と同タイプの NG-14000XL-G。

スポンサーリンク

2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」進水式

 2023年1月10日、中国の招商局重工(CMHI)海門基地で建造している2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」の進水式が行われました。

 2021年11月に”First steel cutting”、2022年6月に起工式となる”Keel Laying”が行われ、この度の進水式に至った。「Seaway Ventus」が進水した画像を確認すると、見える部分で大きな残作業はクレーン搭載とクレーン設置部分のレグ延長。

2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」の概要

船名Seaway Ventus
クレーン能力2,500トン
揚重高さ(2,500トン仕様)116.5m
揚重高さ(1,600トン仕様)156.0m
長さ142m
50m
深さ11m
喫水6.2m
DPSDP2
デッキスペース4,600m2
レグ長さ109m
最大作業水深65m
アジマススラスター3,500kW(4,759PS)×3
トンネルスラスター3,000kW(3,399PS)×3
最大航行速度10ノット
宿泊設備130名
スポンサーリンク

船体設計は「GustoMSC」

 「Seaway Ventus」の船体設計は GustoMSC によるもので、日本の清水建設が建造した「BLUE WIND」と同タイプ。GustoMSCのサイトに掲載されているそれぞれの種別は以下の通り。

GustoMSCの設計種別
  • 「Seaway Ventus」:NG-14000XL-G
  • 「BLUE WIND」  :SC-14000XL

 NGやSCが何を意味するのかは不明ですが、両船の船体寸法やレグの長さは同じで搭載されるクレーンの能力も2,500トン吊りで同一。さらに伸縮する”telescopic leg-encircling crane”を採用している点も同じ。

船名Seaway VentusBLUE WIND
揚程156m158.5m
吊り上げ能力1,600トン1,250トン
拡張モード(Extended mode)でのスペック

 ただし、クレーンを拡張した時の吊り上げ能力に差があり、「BLUE WIND」が揚程158.5mで吊り上げ能力1,250トンに対して、「Seaway Ventus」は揚程156mで吊り上げ能力は1,600トン。

「Seaway Ventus」の紹介動画

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました