中国で建造中の2,200トン吊りSEP船のメインクレーン設置

中国で建造中の2,200トン吊りSEP船のメインクレーン設置 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

中国で建造中の2,200トン吊りSEP船のメインクレーン設置

中国のCIMC Rafflesで建造している2,200トン吊りSEP起重機船「博强3060」(BO QIANG 3060)のメインクレーン設置作業が無事完了。2,200トン吊りのメインクレーンはHuisman製で、LEC(Leg Encircling Crane)と呼ばれるSEP船のレグがある位置に搭載されるタイプ。

クレーン設置作業の様子はHuismanがLinkedInへの投稿で明らかにしている。現在、最終的なクレーンの試運転に向けた作業が本格的におこなわれている段階だという。完成・引き渡しは2023年の予定。

クレーン設置作業をおこなっている起重機船は、China Yantai Salvageの3,600トン吊り起重機船「德浮3600」(DE FU 3600)。

2,200トン吊りSEP起重機船「博强3060」

船名博强3060
クレーン能力2,200トン
長さ133m
53m
深さ11m
レグ長さ136m
最大作業水深70m
DPSDP2
SEP起重機船「博强3060」の完成イメージ
出典:CIMC Raffles Offshore

3,600トン吊り起重機船「德浮3600」

船名德浮3600
クレーン能力3,600トン
長さ114m
48m
深さ8.8m
建造年2014年
3,600トン吊り起重機船「德浮3600」
出典:CHINA YANTAI SALVAGE
スポンサーリンク

2022年4月に建造スタート

上海博強重工集団有限公司(Shanghai Boqiang Heavy Industry Group)向けとなるSEP起重機船「博强3060」は、2022年4月29日にFirst Steel Cuttingがおこなわれて建造スタート。その後、2022年9月に起工式がおこなわれ、ドック内での建造が開始されていました。完成・引き渡しは2023年の予定。

SEP起重機船「博强3060」
  • 2022年4月
    First Steel Cutting
  • 2022年9月
    起工式

    ドック内での建造開始

  • 2023年
    完成・引き渡し予定

20MWの風力タービンを設置可能

メインクレーンの設置が完了したSEP起重機船「博强3060」
出典:Huisman

最大吊り上げ能力2,200トンのクレーンを搭載したSEP起重機船「博强3060」は、ハブ高さ160mの20MW風力タービンを設置できるという。そして、自船甲板に12MWの風力タービン4セット、8MWなら8セットの部材を搭載可能。

HuismanがLinkedInに投稿したメインクレーンのブーム搭載が完了した画像では、高い台座の上にクレーンを設置しているので、確かに大きな揚程がありそう。

それにしても気になるのはSEP船の背後に見える造船所の巨大なジブクレーン。調べてみると、CIMC Rafflesのホームページには記載がありませんでしたが、LinkedInの概要欄に ”1,900トン吊りのpedestal crane” と書かれていました。画像では見切れていますが、先端にはフライングジブも取り付けられているみたい。

CIMC Rafflesにある1,900トン吊りの pedestal crane

CIMC Raffles possesses comprehensive offshore engineering capabilities and is equipped with state-of-the-art facilities including the “Taisun”, the world’s largest gantry crane with a lifting capacity of 20,000 tonnes, a pedestal crane with a lifting capacity of 1,900 tonnes, a 300,000-tonne dry dock and a hydraulic press with capacity of 20,000 tonnes.

(CIMC ラッフルズは総合的な海洋エンジニアリング能力を有し、「Taisun」吊り上げ能力2万トンの世界最大のガントリークレーンをはじめとする、吊り上げ能力1,900トンのペデスタルクレーン、30万トンのドライドック、2万トンの油圧プレスなど最先端の設備を備えています。)

https://www.linkedin.com/company/yantai-cimc-raffles-offshore-ltd./about/
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました