BigLiftとCY Shippingが重量物運搬船2隻の建造発表

BigLiftとCY Shippingが重量物運搬船2隻の建造発表 船舶
スポンサーリンク

BigLiftとCY Shippingが重量物運搬船2隻の建造発表

2024年4月11日、BigLift ShippingとCY Shipping(Chung Yang Shipping)は重量物運搬船2隻の建造を発表しました。建造をおこなうのは、中国の江蘇省泰州市にあるJing Jiang Nanyang Shipbuilding(靖江南洋船舶)。

2025年第4四半期に引き渡し予定の1隻目をCY Shippingが所有し、2026年第2四半期に引き渡される2隻目をBigLift Shippingが所有する予定。

2隻の新造船はCY ShippingとBigLift Shippingが共同設計したもので、BC-Classと呼ばれる同型船。

BC-Classの新造船

BigLiftとCY Shippingが重量物運搬船2隻の建造発表
建造予定のBC-Classの新造船2隻
出典:BigLift Shipping

新造するBC-Classの重量物運搬船は、現在BigLift Shippingが運航している中でも最大の大きさ。

船体形状は長さ180m、幅43m、深さ12m、載貨重量トン数25,000トン。貨物を搭載する甲板スペースは、43m×140mで面積6,020m2。完全に遮るものが無い甲板は船尾および舷側からSPMTなどによるRo-Ro方式やレール上をスライドさせるスキッドにより貨物の積み込みが可能。

2隻の新造船建造により同型船の組み合わせは3組に

2019年にBigLift ShippingとCY Shippingは重量物輸送について提携しており、両社が保有する4隻の重量物運搬船はBigLift Shippingによって運用がおこなわれています。

これまでの運用船4隻はMC-Class、CY-Classと呼ばれるもので、この2組に新造するBC-Classが加わり3組6隻になるという。

船名class総トン数載貨重量トン数長さ深さ建造年
BigLift BarentszMC-Class23,134トン20,675トン173m42m12m2016年
BigLift BaffinMC-Class23,134トン20,675トン173m42m12m2016年
CY Interocean ICY-Class14,766トン15,630トン152.64m40m9m2016年
CY Interocean IICY-Class14,766トン15,630トン152.64m40m9m2017年
未定BC-Class不明25,000トン180m43m12m2025年第4四半期
未定BC-Class不明25,000トン180m43m12m2026年第2四半期
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました