Van Oordの特殊杭打ち船「Svanen」アップグレード発表

Van Oordの特殊杭打ち船「Svanen」アップグレード発表 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

特殊杭打ち船「Svanen」アップグレード

Van Oordの掲載記事【2023年12月11日掲載】

Major upgrade for Van Oord’s heavy-lift installation vessel Svanen

(Van Oord の重量物運搬船 Svanen を大幅にアップグレード)

https://www.vanoord.com/en/updates/major-upgrade-van-oords-heavy-lift-installation-vessel-svanen/

2023年12月11日、Van Oordは特殊杭打ち船「Svanen」の大規模なアップグレードを発表しました。アップグレードの開始時期については不明ですが、2024年第3四半期にはアップグレードされた「Svanen」の運用開始が予定されているということなので、早い段階でアップグレード作業が開始されるものと思われる。

スポンサーリンク

「Svanen」のアップグレード内容

アップグレード後の「Svanen」(イメージ図)
出典:Van Oord

今回おこなわれる「Svanen」のアップグレードにおいてメインとなるのはガントリー部分の拡張と吊り上げ能力の増強。拡張するガントリー部分の製造は、Holland Shipyards Groupによって製造され、設置作業には高さ200mのMammoetのクレーンが使用される予定。

「Svanen」のアップグレード内容
  • ガントリー部分を25m拡張(部材重量 1,200トン)
  • 吊り上げ能力 3,000トン→4,500トンへ増強
  • 吊り上げ能力増強に伴うパイルグリッパーのアップグレード
  • 船体構造のアップグレード

アップグレードはオランダのいくつかの場所、主にロッテルダムでおこなわれるということなので、SEP船「Wind Orca」「Wind Osprey」アップグレードのためスヒーダムに設置されている最大3,200トン吊りリングクレーン「PTC210-DS」が使用される可能性が高そう。

スポンサーリンク

アップグレード後の予定

Van Oordが特殊杭打ち船「Svanen」アップグレード発表
(左)アップグレード後 と (右)アップグレード前の「Svanen」
出典:Van Oord

2023年に「Svanen」はドイツ沖合のバルト海に建設中の「BALTIC EAGLE OFFSHORE WIND FARM」でモノパイル打設をおこなっていましたが、予定されていた50本の施工を完了して9月にはオランダのロッテルダムへ帰港しています。

Van Oordが発表した記事によると、アップグレード後「Svanen」が最初におこなう作業は前回と同じバルト海のポーランド沖で建設が予定されている「Baltic Power offshore wind farm」。Vestas製の15MW風力タービン「V236-15.0MW」の基礎となるモノパイルを設置する予定。

「Baltic Power offshore wind farm」の概要
  • 設置位置:ポーランド 沖合23kmのバルト海
  • 発電容量:1,140MW
  • 風力タービン:Vestas V236-15.0MW、76基
  • 風車基礎:着床式、モノパイル
  • 完成予定:2026年
スポンサーリンク

「Svanen」の概要

1990年に建造された「Svanen」は元々、橋の建設用に設計されていました。2005年にオランダの洋上風力発電市場でエネルギー転換が始まり、「Svanen」はモノパイルとトランジションピース設置のために改造を実施。以降、現在までに700を超えるモノパイル打設の実績を積み上げていますが、取り扱うモノパイルの寸法と重量は年々増加。2017年にもアップグレードがおこなわれたようですが、今回さらに大規模なアップグレードを実施することになったという。

船名Svanen
吊り上げ能力4,400トン
(索具を除外)
揚程72.0m(甲板上)
長さ102.75m
74.6m
深さ6.0m
喫水4.5m
建造年1990年

当初の吊り上げ能力は、8,700トンでした。しかし、現在公開されているスペックでは4,400トン。「Svanen」の船体仕様が掲載されているMPI Offshoreの説明では2017年におこなわれたアップグレードにより、メインホイストにそれぞれ2,000トンを吊り上げるための2つのスプレッダービームが設置されたと書かれています。船体仕様に書かれている4,400トンの能力は ”索具を除外”(exclude rigging)となっているので、スプレッダービームの重量が1基当たり200トン程度だとすると2つあるメインホイストの能力がそれぞれ2,000トンというのは納得できる。

しかし、今回Van Oordが発表したアップグレード内容では、吊り上げ能力を 3,000トン→4,500トンへ増強と書かれているので、ちょっと意味不明。結局、謎を解明することは出来ませんでした。

船体仕様のリンク先 MPI Offshore | Svanen

スポンサーリンク
興味深い海の世界

あらゆるものが巨大な海の世界。
なかでもインパクトの強い画像を中心に海の世界を紹介。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む