☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

「Svanen」アップグレードに向けて拡張するガントリー部分製造

「Svanen」アップグレードに向けて拡張するガントリー部分製造 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

「Svanen」アップグレードに向けて拡張するガントリー部分製造

Van Oordの特殊杭打ち船「Svanen」アップグレードに向けた作業が着々と進められています。

2024年3月19日、Holland Shipyards Groupは「Svanen」アップグレードの主要部材となる拡張するガントリー部分輸送・組立作業の様子をLinkedInへ投稿しました。投稿に添付されている画像には、Bonn & Meesの起重機船「Matador 2」、「Matador 3」や陸上クレーンを使用して部材を輸送・組立する様子が紹介されています。

拡張するガントリー部分についてはHolland Shipyards Groupによって製造され、設置作業に高さ200mのMammoetのクレーンを使用予定であることがアップグレード発表時に公表されていました。

スポンサーリンク

搭載作業は吊り上げ能力3,200トンの「PTC210-DS」を使用

Holland Shipyards GroupのLinkedIn投稿では、拡張ガントリーの部材をフリッシンゲンから運んだことは記載されていますが、どこへ運搬したかについては ”特別に準備された場所(specially prepared site)” としか説明されていません。

しかし、組立がほぼ完了した状態を映す画像では、特徴的なMammoetのオフィスビル「De Bolder」が確認できるため、スヒーダムで組立作業をおこなっているようです。そして、組立作業をおこなう場所からSEP船「Wind Orca」「Wind Osprey」アップグレードのためスヒーダムに設置された最大3,200トン吊りリングクレーン「PTC210-DS」を使用して「Svanen」への搭載作業を実施することが推測できる。

スポンサーリンク

拡張ガントリー輸送・組立

起重機船「Matador 2」、「Matador 3」、運搬船「SENDO NAVE」のAIS情報およびHolland Shipyards GroupのLinkedIn投稿から分かる「Svanen」拡張ガントリー部材輸送・組立の流れは以下のような感じ。

拡張ガントリー輸送・組立の流れ
  • フリッシンゲンで運搬船への拡張ガントリー部材積み込み

    400トン吊り起重機船「Matador 2」

  • フリッシンゲン~スヒーダムへ部材運搬

    運搬船「SENDO NAVE」、輸送距離約150km(約80海里)

  • スヒーダムでの拡張ガントリー部材組立

    1,800トン吊り起重機船「Matador 3」

  • 今後の予定
    リングクレーン「PTC210-DS」を使用して「Svanen」への搭載作業

    アップグレード完了後はポーランド沖の「Baltic Power offshore wind farm」で風力タービン基礎のモノパイル設置が予定されており、2024年第3四半期から運用開始予定。

オランダのフリッシンゲンにあるヤードから400トン吊り起重機船「Matador 2」と陸上クレーンにより運搬船「SENDO NAVE」へ拡張ガントリー部材を積み込み。その後、フリッシンゲンからスヒーダムへ約150kmを運搬。スヒーダムでは1,800トン吊り起重機船「Matador 3」を使用して組立。

Mammoetのリングクレーン「PTC210-DS」は、SEP船「Wind Orca」「Wind Osprey」のアップグレードをおこなっていましたが、リングクレーン南側で作業していたSEP船「Wind Orca」のアップグレードは既に完了しており、デンマークのエスビャウ港へ向けて出港していました。なので近いうちに「Svanen」への搭載作業がおこなわれるのかもしれません。

それにしても、大きなクレーンが遊ばないように仕事を埋める巧みなスケジュール管理調整がおこなわれている所に感心。今後、アップグレード作業の進捗が公開されれば記事でお伝えしますのでお楽しみに。

スポンサーリンク

特殊杭打ち船「Svanen」のアップグレード内容

「Svanen」のアップグレード内容
  • ガントリー部分を25m拡張(部材重量 1,200トン)
  • 吊り上げ能力 3,000トン→4,500トンへ増強
  • 吊り上げ能力増強に伴うパイルグリッパーのアップグレード
  • 船体構造のアップグレード
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。