台湾の中能洋上風力で「Green Jade」によるジャケット設置

台湾の「Green Jade」初作業、中能洋上風力ジャケット設置洋上風力発電
スポンサーリンク

台湾の中能洋上風力で「Green Jade」によるジャケット設置開始

1基目のジャケット基礎設置をおこなうクレーン船「Green Jade」
出典:CSBC-DEME Wind Engineering

台湾西部の彰化県沖で建設が進められている中能洋上風力(Zhong Neng Offshore Wind)で4,000トン吊りクレーン船「Green Jade」によるジャケット設置作業が始まりました。設置作業をおこなう「Green Jade」は台湾初の洋上風力向け自航式大型クレーン船で、2023年6月末に完成・引き渡しされてから今回の作業が初施工となる。

ジャケット基礎の形状や重量は分かりませんが、巨大なジャケットを吊り上げた状態でも揚程にはまだまだ余裕があるようです。今後も様々な現場での活躍が期待されます。

「Green Jade」は、現場入りする前に高雄港でタンカーに衝突される事故に見舞われましたが、船体に大きなダメージは無く軽微な損傷で事なきを得ました。

1ヶ月前に高雄港で起きた衝突事故

2023年7月21日、台湾の高雄港に停泊していた4,000トン吊りクレーン船「Green Jade」に入港してきたタンカー「HUA YUN」が衝突する事故が発生。

結果的に「Green Jade」甲板上の手摺が破損した程度の損傷で済んだからよかったものの、当たり所が悪ければ復旧に時間がかかるような破損に繋がりかねない事故でした。

スポンサーリンク

中能洋上風力(Zhong Neng Offshore Wind)の概要

中能洋上風力(Zhong Neng Offshore Wind)の概要
  • 設置位置:台湾 彰化県の海岸から10km沖合
  • 発電容量:298MW
  • 風力タービン:Vestas V174-9.6 MW、31基
  • 風車基礎:着床式、ジャケット(基礎杭3本/基)
  • 運転開始予定:2024年
中能洋上風力(Zhong Neng Offshore Wind)付近のAIS情報

台湾西部の彰化県沖10kmに位置する台湾海峡で建設が進められている中能洋上風力発電所(Zhong Neng Offshore Wind)では、2023年3月からDEMEの800トン吊りSEP起重機船「Apollo」によるジャケット基礎杭の打設が開始されています。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました