SEP船「巨杰1600」とクレーン船「巨杰4000」完成情報

SEP船「巨杰1600」とクレーン船「巨杰4000」完成情報 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

SEP船「巨杰1600」とクレーン船「巨杰4000」完成情報

タイムリーな情報ではありませんが、SEP船「巨杰1600」とクレーン船「巨杰4000」の2隻はそれぞれ2024年1月と3月に完成していたようです。

建造情報も更新していますので、良かったらチェックしてみて下さい。現在、把握しているクレーン船、SEP起重機船を網羅した一覧表を作成しています。いつ公開できるか分かりませんが近日中にはできる見込み・・。お楽しみに!

1,600トン吊りSEP起重機船「巨杰1600」

1,600トン吊りSEP起重機船「巨杰1600」
出典:巨杰科技发展集团股份有限公司

SEP起重機船「巨杰1600」(JU JIE 1600)の船体寸法は長さ123.95m、幅48m、深さ9.5m、レグ長さ120m、最大作業水深70m。1,600トン吊りのメインクレーンと250トン吊りの補助クレーンを搭載し、揚程は甲板上150m。20MWの洋上風力タービン設置が可能。

船尾に2,400kwのアジマススラスター3基と船首に2,000kwのサイドスラスター2基を搭載し、自航式で設計速力は8ノット。動力となる発電機は、出力2,340kwのメイン発電機6台を備え、その他に800kwの停泊用発電機1台、400kwの非常用発電機1台を積んでいる。

船名巨杰1600
(JU JIE 1600)
総トン数17,909トン
クレーン能力メインクレーン:1600トン
補助クレーン:250トン
揚程甲板上 150m
長さ123.95m
48m
深さ9.5m
レグ長さ120m
最大作業水深70m
プロペラ2,400kwアジマススラスター×3
2,000kwサイドスラスター×2
設計速力8ノット
DPSDP-2
宿泊設備118人
建造年2024年1月
SEP起重機船「巨杰1600」建造タイムライン
  • 2022年5月
    建造開始
  • 2023年4月
    進水
  • 2024年1月
    完成・引き渡し

クレーン船「巨杰4000」

4,000トン吊りクレーン船「巨杰4000」
出典:巨杰科技发展集团股份有限公司

4,000トン吊りクレーン船「巨杰4000」(JU JIE 4000)の船体寸法は長さ176.9m、幅43.8m、深さ14.2m。自航式で速力は8ノット、DP-1の自動船位保持装置を搭載。

メインクレーンの吊り上げ能力は、船尾固定で最大4,000トン、旋回2,800トン、ジブ先端の補助フックは900トン。甲板上からの揚程は、メインフックで113m、補助フックで135m。

メインフックは2基のフックブロックで構成されており、左右対称というのが一般的ですが「巨杰4000」のフックブロック容量は2,800トンと2,500トンで左右非対称という少しユニークな仕様。恐らくモノパイルなど長尺物を建て起こす際、最終的にフック1基で揚重する状態になることから、取り扱える重量を少しでも大きくするための工夫だと思われます。1フックでの最大重量2,800トンが旋回できる最大重量と同一なのも納得。

船名巨杰4000
(JU JIE 4000)
総トン数38,178トン
クレーン能力固定:4,000トン
旋回:2,800トン
補助フック:900トン
揚程メインフック:甲板上 113m
 補助フック:甲板上 135m
長さ176.9m
43.8m
深さ14.2m
速力8ノット
DPSDP-1
建造年2024年3月
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました