世界最大のSEP起重機船「Voltaire」のSEA TRIAL開始

世界最大のSEP起重機船「Voltaire」のSEA TRIAL開始 起重機船、クレーン船

 中国の江蘇省 南通市にあるCOSCO Shipping(中国遠洋海運集団有限公司)で建造中の3,000トン吊りSEP起重機船「Voltaire」。SEA TRIAL(海上公試)が始まったようです。

スポンサーリンク

SEA TRIAL(海上公試)開始

SEA TRIAL(海上公試)に向かう「Voltaire」

 2022年7月28日、SEA TRIAL(海上公試)開始。

 SEA TRIAL(海上公試)では、船体設備の各種性能試験が行われる予定。

掲載記事

世界首艘3000吨级自升式风电安装船试航

(世界初の3,000トンのジャッキアップ風力発電設備船が試験航海)

世界首艘3000吨级自升式风电安装船试航_船海装备网-船舶设备网-海洋工程网-船舶网 (shipoe.com)
SEA TRIAL(海上公試)でのテスト内容
  • ナビゲーションシステム
  • DPS(自動船位保持装置)
  • レグを使用して船体のジャッキアップ
  • クレーンの吊り上げテスト

 SEA TRIAL(海上公試)では、クレーンの吊り上げテストも行われるようです。造船所の桟橋を離れる「Voltaire」の甲板上に積まれている台船がテストウェイトになる模様。

SEA TRIAL(海上公試)に向かう「Voltaire」

 画像を見る限り、テストウェイト用の台船が少し小さいような気がします。画像から大きさを想定すると全長45mくらい、幅24mくらい。一般的に台船は空荷だと喫水は1mも無いですが、仮に喫水1mだとすると重量1,080トン。「Voltaire」の最大吊り上げ能力は3,000トンなので、過負荷も考慮すると2,000トン以上少ない。

 台船なので中に注水すれば重量増やせるから問題ないと思いますが。少し気になりました。

8月末に引き渡し予定?

所有试验项完成后将回靠船厂码头,计划于8月底交付给船东。

(すべての試験項目が完了した後、それらは造船所のドックに戻り、8月末に船主に配達される予定です。)

世界首艘3000吨级自升式风电安装船试航_船海装备网-船舶设备网-海洋工程网-船舶网 (shipoe.com)

 掲載記事によると、”8月末に船主に配達” とあるので1カ月後には引き渡しの予定なのかも。中国で引き渡してからヨーロッパへ移動させるんでしょうか。「Dogger Bank Wind Farm」での風車設置は2023年の予定なので十分間に合うと思いますが。

 何事もなく、滞りなくSEA TRIAL(海上公試)が終わることを祈っています。

世界最大のSEP起重機船「Voltaire」建造に関する記事へのリンク先👇
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました