巨大リングクレーンによる「Svanen」アップグレード間もなく開始

巨大リングクレーンによる「Svanen」アップグレード間もなく開始 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

巨大リングクレーンによる「Svanen」アップグレード間もなく開始

2024年4月19日、MammoetはVan Oordの特殊杭打ち船「Svanen」のアップグレードが間もなく開始されることを自社ウェブサイトの更新記事で明らかにしました。「Svanen」がアップグレード作業をおこなうスヒーダムへ曳航される様子が伝えられており、4月から5月にかけて1週間という期間で拡張するガントリーフレームの設置が実施されるという。

拡張ガントリー設置により高さ125mになる「Svanen」のアップグレード作業は、Mammoetのリングクレーン「PTC210-DS」を使用。最大吊り上げ能力3,200トンという巨大なクレーンの構成はメインブーム105m、ラッフィングジブ66m、そしてカウンターウェイトは4,000トン。最近、同じ場所でおこなわれた「Wind Orca」「Wind Osprey」という2隻のSEP起重機船アップグレードでもリングクレーン「PTC210-DS」の能力は存分に発揮されています。

特殊杭打ち船「Svanen」とリングクレーン「PTC210-DS」
出典:Mammoet

特殊杭打ち船「Svanen」のアップグレード内容

「Svanen」のアップグレード内容
  • ガントリー部分を25m拡張(部材重量 1,200トン)
  • 吊り上げ能力 3,000トン→4,500トンへ増強
  • 吊り上げ能力増強に伴うパイルグリッパーのアップグレード
  • 船体構造のアップグレード
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました