☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

SEP船「Wind Orca」のアップグレード部材が韓国を出港

SEP船「Wind Orca」のアップグレード部材が韓国を出港 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

SEP船「Wind Orca」のアップグレード部材が韓国を出港

GustoMSC の投稿記事(LinkedIn)

We are thrilled to announce that the components for the first 1600-ton leg crane for Cadeler A/S have been loaded onto the BigLift Shipping B.V.’s heavy lift vessel ‘Happy Sky’ and are now on their way to the Netherlands.

(Cadeler A/S の最初の 1600 トン レグクレーンのコンポーネントが BigLift Shipping B.V. の重量物運搬船「Happy Sky」に積み込まれ、現在オランダに向かっているところであることを発表できることを嬉しく思います。)

LinkedIn | GustoMSC(2023年8月25日投稿)

アップグレードが予定されているCadelerのSEP起重機船「Wind Orca」のクレーン部材が重量物運搬船「Happy Sky」に搭載され、オランダへ向けて製造された韓国の蔚山ウルサンを出港。AIS情報によると、蔚山を出港したのは2023年8月24日。順調に航行すれば9月下旬には到着すると思われる

アップグレードするクレーンの設計を手掛けるNOV傘下の GustoMSC が LinkedIn(ビジネス特化型SNS)に投稿した内容によると、運搬先はオランダのスヒーダム(Schiedam)。

CADELERは、保有する2隻のSEP起重機船「Wind Orca」、「Wind Osprey」のアップグレードについてSemco Maritimeと2023年1月に契約を締結している。Semco Maritimeは、以前にも同じ2隻のアップグレードをおこなった実績があり、今回で2度目。

主なアップグレード内容は、1,200トンから1,600トンへクレーン容量増強と甲板上からの揚程を132mから160mへ増加するというもの。

Wind Orca
1,200t → 1,600t
2024年3月完了予定
Wind Osprey
1,200t → 1,600t
2024年第1四半期完了予定
スポンサーリンク

重量物運搬船「Happy Sky」に積み込まれたクレーン部材

重量物運搬船「Happy Sky」に積み込まれたクレーン部材で確認できるのはクレーンの台座部分、旋回体、そしてクレーンブームの先端部分。Aフレームや先端部分以外のクレーンブームは積まれていないようです。

「Happy Sky」には、900トン吊りのクレーンが2基搭載されており、タンデムリフトで最大1,800トンを吊り上げることが出来る。ジブの長さはそこまで長くありませんが、ジブを水平まで倒した作業半径35.5mの状態でも最大500トン/基の吊り上げ能力がある。

重量物運搬船「Happy Sky」の概要

船名Happy Sky
総トン数15,989トン
載貨重量トン17,775トン
長さ154.8m
26.5m
搭載クレーン900トン×2基
重量物運搬船「Happy Sky」
出典:Biglift Shipping

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました