中国で建造中の4,000トン吊りクレーン船「龙圣1」船体完成

中国で建造中の4,000トン吊りクレーン船「龙圣1」船体完成起重機船-世界

 中国の上海振華重工で建造中の4,000トン吊りクレーン船「龙圣1」(long sheng 1)の船体部分が完成。建造価格は6億8000万元(約140億円)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4,000トン吊りクレーン船「龙圣1」(long sheng 1)

 中国の江蘇省 南通市にある上海振華重工で2021年11月22日に建造を開始。予定では8月26日に進水。完成予定は2023年前半。

 建造価格は建造価格は6億8000万元(約140億円)。

 完成後は洋上風力発電プロジェクトで使用される予定。

「龙圣1」(long sheng 1)の完成イメージ

船体寸法など概要

 記事を見る限り非自航式のクレーン船。ただ、メインフックの揚程が120m以上あり、中国国内の5,000トン吊りクラスのクレーン船の中では最も揚程が大きい。

 将来的には15MWクラスの洋上風車建設にも適応可能という記事も見られたので、ブームの延長が可能なのかも。設置条件によって高さは変わるかもしれませんが、VestasのV236-15.0 MWでも設置には揚程140mは必要なので現況の120mで設置できるのは10MW未満ですかね。

“大国重器”又一重点项目!振华启东海工4000吨全回转起重船全船贯通 

(「大国」のもう一つの重要なプロジェクト! Zhenhua QidongOffshoreEngineeringの4,000トンの旋回クレーン船が完全に接続されています)

sohu.com
船名龙圣1
(long sheng 1)
吊上能力固定 4,000トン吊り
旋回 3,000トン吊り
長さ182m
49m
深さ15m
建造年2023年前半(予定)
建造場所上海振華重工啓東海洋工程股彬有限公司
所有会社江苏神龙海洋工程集团有限公司
「龙圣1」(long sheng 1)の概要

建造の様子

起工式
クレーンタブ設置

 5,000トン吊り起重機船「新振浮7」によるクレーンタブの設置。重量は1,000トン。

運搬台船からクレーンタブを吊り上げる「新振浮7」
船体完成
クレーンタブが設置された船体
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました