CadelerのX-class、起工から2か月半で船体組立

CadelerのX-class、起工から2か月半で船体組立 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

CadelerのX-class、起工から2か月半で船体組立

中国のCOSCO Shippingが建造しているCadelerのX-classと呼ばれるSEP起重機船の船体組立が完了したようです。起工式がおこなわれ、ドックでの組立が始まったのは2023年7月。わずか2カ月半という急ピッチで主船体部分の組立を完了させています。

X-class2隻、F-class2隻をCOSCO Shippingで建造予定

船名プロジェクト名クレーン能力着工起工進水引き渡し
X-class①N10632,600トン2022年6月2023年7月2024年後半
X-class➁N10642,600トン2023年2月2025年前半
F-class①N11302,600トン2023年9月2025年末
F-class➁未定3,000トン以上2026年後半
CadelerのX-calssとF-classの建造進捗および建造予定

現在、COSCO Shippingのドック内で建造されているのはプロジェクト名「N1063」という1隻目にあたるX-classのSEP起重機船。建造予定のスケジュール間隔から推測すると、同じドックで進水後に次の船体を起工するという流れで建造がおこなわれるようです。

そして、X-classとF-classの計4隻は船体設計が同一になっているので、今後の2隻目以降についてはさらに建造スピードが上がってくる可能性がありそう。

CadelerのSEP起重機船建造に関する記事

Cadelerが2隻目となるF-classのSEP起重機船を発注
CadelerのF-classにHuismanのクレーンを搭載
CadelerのSEP船にFrese FUELSAVE技術を搭載
CadelerのSEP船2隻の改造をSemco Maritimeが契約
CadelerのX-class2隻目となるSEP船の建造開始
Cadeler1隻目のX-class SEP船の起工式
SEP船「Wind Orca」のアップグレード部材が韓国を出港
Cadeler1隻目のF-class SEP船建造スタート
CadelerのX-class、起工から2か月半で船体組立
SEP船「Wind Orca」のアップグレード作業開始
「Wind Osprey」スヒーダム到着、2隻同時アップグレードへ
中国で建造中のCadeler X-class1隻目、居住区設置
SEP船「Wind Orca」既設1,200トンクレーン撤去
撤去したSEP船のクレーンをクレーン船に再利用
SEP船「Wind Osprey」に搭載の新造クレーンが韓国出発
Cadelerが建造しているSEP船4隻の船名公表
CadelerとEneti合併、2026年には保有SEP船10隻
CadelerのSEP船「Wind Peak」進水
CadelerがHuismanにSEP船のパイルグリッパー発注
SEP船「Wind Orca」1,600トン吊りクレーン搭載
スポンサーリンク

X-classのSEP起重機船 概要

クレーン能力2,600トン
(作業半径53m)
甲板スペース5,600m2
ペイロード17,600トン
積載可能な
風力タービン
15MW×7セット
or
20MW×5セット
宿泊設備130人
X-classのSEP起重機船について
出典:Cadeler

X-class、F-classすべての船体設計はNOV傘下のGustoMSCによるもの。そして、船体設計はすべて同一となっており、「NG-20000X-CA」というタイプ。GustoMSCのウェブサイト上で確認可能な「NG-20000X」の船体寸法は、長さ151.1m、幅58m、深さ12m、レグ長さ120m、最大作業水深70mとなっている。

スポンサーリンク
興味深い海の世界

あらゆるものが巨大な海の世界。
なかでもインパクトの強い画像を中心に海の世界を紹介。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む