中国で3,500トン吊りSEP起重機船の建造契約

中国で3,500トン吊りSEP起重機船の建造契約起重機船、クレーン船

 中国の正力海工が上海振華重工(ZPMC)と3,500トン吊りSEP起重機船の建造契約を締結。20MWの洋上風車設置が可能で完成・引き渡しは2024年末の予定。

スポンサーリンク

中国で3,500トン吊りSEP起重機船の建造契約

調印式の様子
出典:正力海洋工程有限公司

 2023年1月12日、正力海洋工程有限公司は上海振華重工(ZPMC,Zhenhua Port Machinery Company)と3,500トン吊りクレーンを搭載したSEP起重機船の建造契約を締結。完成・引き渡しは2024年末の予定。

 建造するSEP起重機船のクレーン能力以外の概要として、船体は自航式で航行速力8ノット、DP2の自動船位保持装置を搭載し、150人が宿泊できる居住設備がある。レグの長さは不明ですが、作業可能な最大水深は70m。20MWの洋上風車設置が可能。

 現時点で完成しているSEP起重機船の中でクレーン能力が最も大きいのは、2022年12月に完成した3,200トン吊り「Voltaire」

スポンサーリンク

完成イメージの違和感

3,500トン吊りSEP起重機船の完成イメージ
出典:正力海洋工程有限公司

 建造するSEP起重機船のイメージ。

 一見すると一般的なSEP起重機船と同じようにも見えますが、よく見ると違和感が。造船や洋上風力とは全く無縁な方が他のSEP船を見ながら描いたような感じ。イメージなので問題ありませんが。。。

 一番気になったのは、クレーン旋回体の薄さ。ペラペラ。甲板上に積まれている風車資材もよく見ると何か違う気が。

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました