☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

清水建設が建造中の「BLUE WIND」に45mの伸縮ギャングウェイ設置

清水建設が建造中の「BLUE WIND」に45mの伸縮ギャングウェイ設置 起重機船、クレーン船

 着々と建造が進む国内最大のSEP起重機船「BLUE WIND」に最大45mの伸縮ギャングウェイが設置された。2022年10月に完成予定なので、あと一息ですね。

スポンサーリンク

「BLUE WIND」に45mの伸縮ギャングウェイ設置

「BLUE WIND」と同じMaXccess Pシリーズ(最大32m)の伸縮ギャングウェイ
出典:Osbit

 設置された伸縮ギャングウェイはイギリスに拠点を置く「Osbit」が設計したもの。最大で45mまで伸ばす事ができる。旋回範囲は330度、高さに合わせて-30度から45度まで上げ下げ可能。

Osbit delivers bespoke gangway for Japanese offshore wind

(Osbit は、日本の洋上風力発電用に特注のギャングウェイを提供します)

Osbit delivers bespoke gangway for Japanese offshore wind • Osbit
製造はアラブ首長国連邦

 「Alucor」というアラブ首長国連邦の企業が製造を行い、そこから日本へ輸送された。

MaXccess Pシリーズ

 「Osbit」のウェブページを確認すると、今回「BLUE WIND」に納入された伸縮ギャングウェイはMaXccessのPシリーズ。ただ、特注という記載があるので標準品をカスタマイズしたものだと思われる。

 製品名の ”MaXccess” というネーミングおもしろいですね。多分、 ”Max” と ”access” を掛け合わせた造語。PシリーズのPは ”Passive”(受身、受動的) という意味。他には、AMシリーズ(Active motion)もあるみたいですが、SEP起重機船をジャッキアップした状態で着床式の動かないトランジションピースへ移動するだけなのでPシリーズで機能的には十分。

SEP起重機船に伸縮ギャングウェイは不可欠

 施工時にジャッキアップしたSEP起重機船からトランジションピースへの移動を行うときに必要不可欠な装備。

「Osbit」が取り扱う他の製品

 先日、モノパイルに関する事故が起きた台湾で作業中の3,810トン吊りクレーンを搭載した「DLS 4200」に納入されたパイルグリッパーも「Osbit」製でした。

「BLUE WIND」の建造進捗

清水建設が建造中の国内最大2,500トン吊りSEP起重機船「BLUE WIND」

 2022年7月18日から行っていたSEA TRIALも終わり、現在は広島の呉から兵庫県の相生に場所を移動してレグの設置を含む最終的な調整を行っているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。