ベルギーで3,300トン吊り起重機船「Rambiz」ドック入り

ベルギーで3,300トン吊り起重機船「Rambiz」ドック入り 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

ベルギーで3,300トン吊り起重機船「Rambiz」ドック入り

ベルギーのScaldis Salvage & Marine Contractorsは、所有する3,300トン吊り起重機船「Rambiz」がアントワープにあるEDR Antwerp Shipyardのドックに入り、大規模なメンテナンスと修理をおこなっていると発表しました。

LinkedInに掲載された情報では、ドック中の起重機船「Rambiz」に鋼鉄15トンを溶接し、元の状態に戻す作業がおこなわれると書かれていました。85m×44mの大きな船体からすると鋼鉄15トンという量は多くないので、消耗した亜鉛板の交換や部分的な船体補修・補強などがおこなわれるものと思われる。

ドックでのメンテナンスが終了した後は、北海のさまざまな廃炉プロジェクトに配備される予定だという。

スポンサーリンク

起重機船「Rambiz」のクレーン2基は同一ではない

日本国内のジブを複数搭載した起重機船のクレーンは左右対称に建造されており2基とも同じ仕様になっていますが、Scaldisの「Rambiz」は搭載されているクレーン能力が左右で異なる仕様になっているようです。カタログに記載されているクレーン能力は、左舷(Portside)が1,700トンで右舷(Starboard)が1,600トン。ただ、「Rambiz」の船首がどちらなのかが分からないので、どっちがどっちなのか不明。👆上の画像で航行している方向が船首であるとすればクレーン側が船尾になるけど、結局どちらが船首側なのかはよく分かりませんでした。

船名Rambiz
クレーン能力3,300トン
長さ85m
44m
深さ5.6m
プロペラアジマススラスター
4基×750kw(1,020PS)
船籍ベルギー
建造年1976年
スポンサーリンク

ドックへ入渠する起重機船「Rambiz」

スポンサーリンク

起重機船「Rambiz」に関する記事

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました