☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

日本サルヴェージの新造船「航洋丸」進水、2024年6月引渡し予定

日本サルヴェージの新造船「航洋丸」進水、2024年6月引渡し予定 船舶
スポンサーリンク

日本サルヴェージの新造船「航洋丸」進水、2024年6月引渡し予定

新造船「航洋丸」命名・進水式の様子
出典:MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES

2024年1月12日、山口県下関市の三菱重工業下関造船所江浦工場で建造中の日本サルヴェージ向けとなる新造船「航洋丸」の命名・進水式がおこなわれました。

1998年に竣工し、日本サルヴェージが所有する「航洋丸」と同じ船名が付けらられた新造船は現行船の代替船だという。今後は艤装工事、試運転などを経て2024年6月に日本サルヴェージへ引き渡される予定。

新造船「航洋丸」の主な特長
  • 大型海難に対応する日本最大級の曳航力
  • 放水銃など消火装置の配置最適化と定点保持能力の向上により、他船火災の消火活動を効率化
  • SCR(Selective Catalytic Reduction:選択式触媒還元脱硝装置)の装備により、NOx(窒素酸化物)の排出が制限される指定海域でも活動が行えるよう環境規制へ対応
  • 新船型(半垂直ステム)採用による推進性能の向上
  • 暴露甲板へROV(Remotely Operated Vehicle:遠隔無人潜水機)などの仮設装置を任意に配置できるよう工夫して作業性を向上
  • 観測員などの臨時乗船者の滞在スペースを個室化して居住性を向上
スポンサーリンク

新造船「航洋丸」と現行船「航洋丸」の比較

新造船「航洋丸」の完成イメージ
現行船「航洋丸」
出典:The Nippon Salvage
項目新造船「航洋丸」現行船「航洋丸」
船種海難救助船兼曳船海難救助船兼曳船
全長約80.6m86.08m
全幅約15.5m14.5m
総トン数約3,000ン2,474トン
航海速力14.5ノット16.5ノット
建造年2024年6月(予定)1998年6月
新造船「航洋丸」と現行船「航洋丸」の比較
出典:MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。