MSCクルーズ初の船体デザイン「MSC Euribia」引き渡し

MSCクルーズ初の船体デザイン「MSC Euribia」引き渡し 船舶
スポンサーリンク

MSCクルーズの大型クルーズ船「MSC Euribia」引き渡し

 2023年5月31日、MSC Cruisesの大型クルーズ船「MSC Euribia」の引き渡しがフランス西部のビスケー湾に面したサン=ナゼールにあるアトランティーク造船所で行われた。2022年12月に就航した「MSC World Europa」に続いてMSC Cruisesでは2隻目となるLNG燃料船。

 全長331.43m、幅43m、総トン数184,011トンの大きな船体には、デザインコンテストで選ばれたアーティストAlex Flämig氏による海への献身を体現する作品「SaveTheSea」が採用され、船体を彩っている。MSC Cruisesの中で船体にデザインが描かれているクルーズ船はこれまでにおらず、「MSC Euribia」が初めて。

 船内には2,419室の客室があり、乗客定員6,327人、乗組員1,711人の合わせて8,000人以上が乗船可能。最大速力は22.3ノットで、LNGと場合によっては低硫黄船舶用軽油(marine gas oil)で稼働するバルチラ(Wärtsilä)のデュアルフューエルエンジン(2元燃料エンジン)を4基搭載している。

スポンサーリンク

コペンハーゲンで命名式の予定

 2023年6月3日にサン=ナゼールを出港した「MSC Euribia」はデンマークのコペンハーゲンに向かっており到着後、6月8日に命名式が行われる予定。そこで洗礼を受けて就航するという。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました