両備ホールディングスがポルトガルの造船所でクルーズ船建造

両備ホールディングスがポルトガルの造船所でクルーズ船建造 船舶
スポンサーリンク

両備ホールディングスがポルトガルの造船所でクルーズ船建造

両備グループの掲載記事【2023年12月22日掲載】

【両備ホールディングス】 クルーズ客船の造船契約締結について

https://ryobi.gr.jp/news/8591/

2023年12月22日、両備ホールディングス株式会社(本社:岡山市北区)は、ポルトガルの造船所West Seaとクルーズ船建造契約を締結したと発表しました。

建造するクルーズ船は全長約110m~120m、総トン数 約9,000~10,000トン、客室数は約60室で乗客数は約120人。サイズ的に大型客船ではなく、ヨットスタイル客船と呼ばれる乗客100名~150名程度のスモールラグジュアリー船となっており、まるでメガヨットのオーナーになったかのような気分を味わえる贅沢な空間で最高のパーソナルサービスを提供するという。

竣工予定は2027年。

スポンサーリンク

船尾にはマリーナ、大型船では寄港できない島々を巡る船旅が魅力

スモールラグジュアリー船という船体サイズの特性を活かし、大型クルーズ船では寄港できない瀬戸内や南西諸島の島々を巡る船旅が魅力の1つとなっている。船尾に新造船では日本初となるマリーナを備え、マリンアクティビティや小型ボートでの離島上陸を楽しむなど、一味違ったクルーズライフが体験できるという。

海外では多くありそうな気もしますが、日本国内でこようなコンセプトのクルーズ船は珍しいのかも。着眼点が素晴らしいと思いました。

船名未定
総トン数約9,000~10,000トン
長さ約110~120m
約19m
喫水約4.7m
客室数約60室(予定)
乗客数約120人(ツイン利用時)
乗組員数約100人
速力約15ノット
スポンサーリンク

ポルトガルの造船所 West Sea – Estaleiros Navais, Ldaの概要

出典:WestSEA VIANA SHIPYARD

クルーズ船を建造するのは、ポルトガル北西部のビアナ・ド・カシュテロ(Viana do Castelo)にある造船所West Sea。敷地面積25万m2の造船所内には長さ200m、127mという2つのドライドックや艤装岸壁などがあり、クルーズ船建造の他にも浚渫船やポルトガル海軍の巡視船などを建造した実績がある。

中国初となる大型クルーズ船の陸上電力供給設備
100mのマスト3本を備えた大型クルーズ帆船、2026年完成予定
「アドラ・マジック・シティ」に続く2隻目の中国クルーズ船、起工式
バハマ沖のクルーズ船機関室で爆発事故、乗組員2名死亡
バハマ沖を航行中のクルーズ船ファンネルで火災、原因は落雷の可能性
ディズニーの新造クルーズ船「Disney Destiny」起工式
「愛達・魔都号」に続く2隻目の中国大型クルーズ船、建造情報
クルーズ船「カーニバル・マジック」が強風で桟橋に接触
世界最大のクルーズ船「アイコン・オブ・ザ・シーズ」運航開始
中国の大型クルーズ船「アドラ・マジック・シティ」処女航海
MSCポエシア世界クルーズへ出港、安全上の問題により紅海を回避
両備ホールディングスがポルトガルの造船所でクルーズ船建造
修理を終えたクルーズ船「カーニバル・パノラマ」運航を再開
約400人乗船のクルーズ船が大波をかぶり停電、航行機器使用不可に
一部ファンネルを取り外した「カーニバル・パノラマ」修理場所へ到着
クルーズ船が修理場所へ向かうため象徴的なファンネルを一時撤去
魔法の絨毯を搭載「CELEBRITY ASCENT」引き渡し
中国で全長326mの国産大型クルーズ船「愛達・魔都号」引き渡し
現行の世界最大客船を超える「ユートピア・オブ・ザ・シーズ」進水
新造クルーズ船「飛鳥Ⅲ」船名発表、2025年夏頃に日本就航予定
グリーンランドで座礁の「オーシャン・エクスプローラー」離礁に成功
スペインで大型クルーズ船が強風により漂流してタンカーに衝突
中国で電気推進クルーズ船「東湖之星」建造開始
ベルギーで強風により大型クルーズ船の係留ライン破断、渡橋落下
MSCクルーズ初の船体デザイン「MSC Euribia」引き渡し
スポンサーリンク
興味深い海の世界

あらゆるものが巨大な海の世界。
なかでもインパクトの強い画像を中心に海の世界を紹介。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む