☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

中国福建省で旅客定員212人の電動観光船が処女航海

中国福建省で旅客定員212人の電動観光船が処女航海 船舶
スポンサーリンク

中国福建省で旅客定員212人の電動観光船が処女航海

2024年3月21日、福建船政重工傘下の福建福寧船舶重工で建造した完全電動の内陸河川観光船「閩江会客庁」(闽江会客厅、Min Jiang Hui Ke Ting)が完成し、処女航海の式典がおこなわれました。

観光船「閩江会客庁」は長さ38.48m、幅10.1m、深さ2.2m、設計喫水1.2m。運航速力は6.5ノット、最大速力は10ノットで旅客定員は212人。バッテリーによる完全電気駆動船となっており、航続時間は最大10時間。

船名「閩江会客庁」の ”会客庁” は客人を通す応接間、客間という意味があり、福建省を流れる閩江びんこうで観光客などを迎え入れる迎賓館のような存在という思いが込められているようです。

大きな窓と屋根のようなデザインの外観からは日本の屋形船のような雰囲気も感じますが、福州市に古くからある古民家の文化的特徴を表現しており、古代と現代の融合をコンセプトにデザインされている。今後、正式な運航開始により世界中から訪れる観光客にサービスを提供するという。

見た目の外観から曳航中に南シナ海の西沙諸島付近で沈没したとされている香港の水上レストラン「ジャンボ・キングダム(珍寶王国)」を連想してしまう。自航式ですが外洋を航行する船ではないので、転覆・沈没することは無いと思いますけど・・。

式典が行われた福建省 福州市 台江区の桟橋

式典が行われた福建省 福州市 台江区の桟橋
閩江
出典:Wikipedia | GnuDoyng – 投稿者自身による著作物, パブリック・ドメイン, リンクによる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。