☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

ファッション企業がバングラデシュ初の洋上風力プロジェクトへ投資

ファッション企業がバングラデシュ初の洋上風力プロジェクトへ投資 洋上風力発電
スポンサーリンク

ファッション企業がバングラデシュ初の洋上風力プロジェクトへ投資

Global Fashion Agendaの掲載記事【2023年12月5日掲載】

Fashion industry joins forces with the renewable sector to decarbonise production in Bangladesh.

(ファッション業界はバングラデシュの生産の脱炭素化に向けて再生可能エネルギー部門と連携している。)

https://globalfashionagenda.org/news-article/fashion-industry-joins-forces-with-the-renewable-sector-to-decarbonise-production-in-bangladesh/

2023年12月5日、Global Fashion Agenda、Copenhagen Infrastructure Partners(CIP)、BESTSELLER、H&M Groupはバングラデシュ初の洋上風力発電プロジェクトに投資する意向を発表しました。2023年11月30日から12月12日の日程においてアラブ首長国連邦のドバイで開催されている国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)の中で明らかにされました。

アパレル業界で最も重要な製造国の一つであるバングラデシュにおいて、再生可能エネルギーの利用可能性を大幅に高めることを目的としたこの投資は、NPO(non-profit organisation、非営利団体)のGlobal Fashion Agendaによって開始され、デンマークのアパレルメーカーであるBESTSELLERとスウェーデンのアパレルメーカーH&M Groupが投資を約束。

Global Fashion Agendaは、アパレル業界の電力供給を再生可能エネルギーに切り替えるために大規模な新しいインフラストラクチャ ソリューションが必要だと考えており、 脱炭素化を確実に加速するため他のファッションブランドによる新しい再生可能エネルギー発電への共同投資を呼びかけているという。

スポンサーリンク

コックスバザール沖で開発が進められている洋上風力発電プロジェクト

バングラデシュのコックスバザール沖で開発が進められている洋上風力発電プロジェクト。バングラデシュ初となる実用規模の洋上風力プロジェクトで、CIPと地元企業のSummit Powerにより初期段階の開発が進められているという。開発が順調に進めば、2028年に運転開始が見込まれており、発電容量は約500MW。

このプロジェクトによる効果として大幅な雇用創出、エネルギー供給の安定化、そして年間約725,000トンのCO2排出削減が期待されています。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました