波高20mに耐えた浮体式洋上風力「WindFloat」

波高20mに耐えた浮体式洋上風力「WindFloat」 洋上風力発電
スポンサーリンク

波高20mに耐えた浮体式洋上風力「WindFloat」

2020年に運転を開始したポルトガル沖の「Windfloat Atlantic」で、今月初めにヨーロッパへ襲来した台風並みに発達した低気圧「Ciaran storm」通過時の映像が公開されました。

Principle PowerがLinkedInへ投稿した映像では、最大波高20m、最大瞬間風速38.6m/sという大時化のなかブレードを回転させて稼働する浮体式洋上風車が映されています。Principle Powerの「WindFloat」と呼ばれる浮体基礎に搭載されているのは、Vestasの出力8.4MW風力タービン「V164-8.4 MW」。ポルトガル西部のヴィアナ・ド・カステロ (Viana do Castelo)から沖合へ20kmに設置されている3基の浮体式洋上風車はいずれも「Ciaran storm」の嵐に耐えたという。

最大瞬間風速38.6m/s、最大波高20mという台風並みの嵐が通過しても問題ないことが実証された浮体基礎「WindFloat」。その安定感は耐荒天性能の高さを物語っているようです。加えて、搭載されている風力タービン「V164-8.4 MW」も嵐に耐えているので同様と言える。

Vestasのウェブサイトに掲載されている同程度の型式スペックによるとカットアウト風速は25m/sという記載なので、さすがに最大瞬間風速38.6m/sの強風時は運転を停止していたと思われる。

スポンサーリンク

台風並みの低気圧「Ciaran storm」通過時の映像

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました