☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

漁船「第八福栄丸」機関故障で漂流後に座礁、海中転落により1人死亡

漁船「第八福栄丸」機関故障で漂流後に座礁、海中転落により1人死亡 国内ニュース
スポンサーリンク

漁船「第八福栄丸」機関故障で漂流後に座礁

【緊急情報】乗揚げ船情報(神津島)(2024年03月04日08時00分 発表)
出典:海上保安庁 | 第三管区海上保安本部

伊豆諸島の神津島こうづしまで機関故障により漂流していた漁船「第八福栄丸」(総トン数:379トン)が座礁するという事故が発生。

漁船「第八福栄丸」は、3月3日17時頃に神津島沖で機関故障により航行できない状態となり、同日23時頃に神津島の北西に座礁。漁船に乗船していた日本人5人とインドネシア人20人の合わせて25人のうち、日本人乗組員の1人が海中転落し、行方不明の状態に。

3月4日朝、海上保安庁のヘリコプターで乗組員24人を無事救出。引き続き、海中転落した1人の捜索がおこなわれ、3月4日10時頃に神津島の海岸で意識不明の状態で発見。その後、搬送先で死亡が確認されたという。

依然として、座礁した漁船「第八福栄丸」は座礁したままになっています。

行方不明者発見時に更新された緊急情報

【緊急情報】乗揚げ船情報(神津島)(2024年03月04日10時40分 発表)
出典:海上保安庁 | 第三管区海上保安本部

海上保安庁発表の漁船「第八福栄丸」座礁位置

スポンサーリンク

【動画】波浪により船体が折れた座礁漁船「第八福栄丸」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。