洋上風車メンテナンス中にブレード落下事故(動画)

事件・事故
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブレード落下事故

2021年10月18日、イギリスのアイルランド海にあるOrmonde wind farm(オーモンド風力発電所)で作業中のSEP起重機船「MPI ADVENTURE」でブレード落下事故が起きたようです。

事故当時、定期メンテナンス中でハブにブレード3本(126トン)を取り付けたものを専用の吊り治具(3トン)を使用して吊上げている最中に何らかの理由で吊具が破損しブレードが甲板上及び海中へ落下。

事故原因は調査中とのことですが、事故による負傷者はいないようです。

Ormonde wind farm(オーモンド風力発電所)

イギリス、バロー・イン・ファーネスの西側、アイルランド海にある洋上風力発電所。

8.7平方kmのエリア内に5MWの風車が30基設置されており、総容量は150MW。

2010年に建設が開始され、2011年8月に完成。2012年2月より稼働中。

ブレード落下の瞬間:動画

説明文の翻訳

先週(18-10-2021)、VanOordが所有するオフショア設置サービス会社であるMPIOffshoreは、英国沖のアイリッシュ海にあるVattenfallのOrmonde風力発電所で定期保守を行っているときに、誤って3つの風力タービンブレードを海に落としました。
事件報告によると、先週、MPIオフショアのMPI ADVENTUREジャッキアップ船は、Ormonde B01風力タービンと一緒にジャッキアップし、3つの61mタービンブレードと3000〜3100kgのブレードクランプツールを船外に落としました。
10月18日付けの船員への通知によると、落下物は風力タービン発電機B01の近くのMPI ADVENTUREに隣接する水中にあり、破片(ガラス繊維の破片とブレードの一部)が1つのブレードから壊れており、岸に着く。
重さ126トンの3つのタービンブレードと約3トンの重さのブレードクランプツールに加えて、3つのピッチモーター、バッテリー、4つの電気キャビネット、グリースポンプおよびその他のコンポーネントを含むハブも落とされました。
破片はブレードの1つから壊れており、岸に到達する可能性があります。
Vattenfallによると、残骸の清掃作業は現在進行中であり、地元の人々は、ビーチで洗い流される可能性のある浮遊する残骸についてすぐに警告を受けています。破片のほとんどはガラス繊維の破片とブレードの一部です。
バッテンフォールによると、事件後に報告されたファン・オールトの船への怪我や損傷はありませんでした。また、船は現在現場にあり、事件の原因の調査が進行中であると述べました。

SEP起重機船「MPI ADVENTURE」

船名MPI ADVENTURE
建造年2011年
総トン数19,533トン
吊り能力1,000トン
長さ138.55m
40.80m
深さ10.00m
喫水5.50m
レグ長さ□4m×4m、70.62m、6本
MPI ADVENTUREの概要

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました