SEP船「Wind Osprey」に搭載の新造クレーンが韓国出発

SEP船「Wind Osprey」に搭載の新造クレーンが韓国出発 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

SEP船「Wind Osprey」に搭載の新造クレーンが韓国出発

重量物運搬船「Happy Sky」の航行経路(2023年11月23日時点)

GustoMSCは、LinkedInへの投稿でSEP起重機船「Wind Osprey」に搭載する新造クレーンが完成して製造場所の韓国を出発し、オランダへ向かっていることを明らかにしました。

新造クレーンを運んでいるのは「Wind Orca」に搭載する1基目のクレーン運搬と同じ、重量物運搬船「Happy Sky」。

「Happy Sky」のAIS情報によると、11月2日に韓国の蔚山に到着して新造クレーンの積み込み。そして、11月7日にオランダへ向けて蔚山を出港。現在はインドの南を通過して、間もなく紅海へ入るという位置を航行していました。オランダのスヒーダムまで残る航行距離は約11,100km、約6,000海里。距離的には、全行程約20,500kmのおよそ半分くらいの位置を航行しており、順調に航行すれば3週間後の12月中旬頃にはスヒーダムへ到着すると思われる。

 重量物運搬船「Happy Sky」の概要

船名Happy Sky
総トン数15,989トン
載貨重量トン17,775トン
長さ154.8m
26.5m
搭載クレーン900トン×2基
重量物運搬船「Happy Sky」
出典:Biglift Shipping
スポンサーリンク

韓国 蔚山でのクレーン部材積込

重量物運搬船「Happy Sky」は、自船に搭載している900トン吊りクレーン2基を使用してクレーン部材の積み込みをおこなっています。

スポンサーリンク

【動画】重量物運搬船「Happy Sky」クレーン部材積込

GustoMSCがLinkedInへの投稿で公開した重量物運搬船「Happy Sky」へのクレーン部材積込の様子。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました