☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

異次元の施工速度、16MWの風力タービンを24時間で設置

異次元の施工速度、16MWの風力タービンを24時間で設置 洋上風力発電
スポンサーリンク

異次元の施工速度、16MWの風力タービンを24時間で設置

2023年11月23日、中国のタービンメーカーGoldwind(新疆金風科技)は出力16MWの風力タービン「GWH252-16MW」設置作業を24時間という驚異的なスピードで完了したとSNSを通じて発表しました。”record-breaking 24hrs”(記録破りの24時間)と説明した上で、この偉業は単に建設コストを大幅に削減しただけではなく、将来のプロジェクトで洋上風力発電の可能性を拡大するための重要なブレークスルーになったと述べている。

中国の報道記事によると、これまでに同じ「GWH252-16MW」で記録されていた設置時間は76時間ということなので3分の1以下に短縮したことになる。

あまりにも設置時間が短いので、ハブにブレードを事前に取り付けて大組した状態で施工を開始していたんじゃないかと疑っていましたが、WeChatに投稿されている画像ではナセルとハブは一体化した状態、ブレードはそれぞれ単独で1枚ずつ取り付けていました。何かしら施工上の工夫が施されていると思われますが、詳細は不明。いずれにしてもすごい速さ。

異次元のスピードで16MW風力タービン設置作業をおこなったのは、1,200トン吊りSEP起重機船「華夏金租神大01」(hua xia jin zu shen da 01)。

スポンサーリンク

SEP船「華夏金租神大01」は4カ月前に完成したばかり

SEP起重機船「華夏金租神大01」は、同型船の「華夏金租神大02」とほぼ同時期に建造され、2023年7月に完成・引き渡しがおこなわれた新造船。クレーンは2基搭載されており、ともに世界的に主流となっているLEC(Leg Encircling Crane)と呼ばれるレグの位置に設置されているタイプで、甲板スペースを最大限有効活用することができる。クレーンの最大吊り上げ能力は、それぞれ1,200トンと300トン。

大きな特長のひとつとして高い揚程があげられる。メインクレーンのブーム長さは150m、1,200トン吊りのメインフックと先端に400トン吊りの補助フックを備え、それぞれの揚程はメインフックが甲板上150m補助フックが甲板上175mとなっている。

船名華夏金租神大01
(hua xia jin zu shen da 01)
クレーン能力メイン:1,200トン(主)
メイン:400トン(補)
サブ:300トン
揚程甲板上 150m(主)
甲板上 175m(補)
長さ106.6m
44.2m
深さ8.45m
レグ長さ110m
最大作業水深60m
レグ能力昇降:5,000トン/脚
最大支持:8,300トン/脚
レグ昇降速度船体昇降時:24m/h
レグ昇降時:32m/h
プロペラアジマス 2,000kW×2(船尾)
トンネル 1,500kW×2(船首)
DPSDP-1
宿泊設備90人
スポンサーリンク

「GWH 252-16MW」2023年9月に384.1MWhの24時間発電記録

2023年9月1日、中国の福建省に設置されている今回と同型の16MW風力タービン「GWH 252-16MW」で24時間で384.1MWhの発電記録を樹立。24時間当たりの発電電力量が384.1MWhを記録した9月1日は、接近する台風11号(HAIKUI)の影響で最大風速23.56m/sの強風に見舞われていたという。

タービン
メーカー
中国長江三峡
Goldwind
型式GWH 252-
16MW
発電容量16MW
ローター直径252m
ブレード長さ123m
受風面積50,000m2
発電電力量66GWh /年
16MW風力タービン「GWH252-16MW」
出典:Goldwind

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました