☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

石垣沖で座礁した「シンハイズー2」5月に撤去完了の見通し

石垣沖で座礁した「シンハイズー2」5月に撤去完了の見通し 事件・事故
スポンサーリンク

石垣沖で座礁した「シンハイズー2」5月に撤去完了の見通し

NHK | 沖縄 NEWS WEBの掲載記事【2024年1月24日14時48分掲載】

中国の貨物船座礁事故から1年 撤去は5月に終わる予定

https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20240124/5090026425.html

2023年1月24日に石垣島へ向かって航行していたパナマ船籍の貨物船「XIN HAI ZHOU 2」(シンハイズー2)が沖縄県竹富島沖で座礁してから1年が経過しました。

NHKが報じた沖縄県による情報では、2023年12月末までに3,800トンある重量のうち750トン分を解体し、ウッドチップの回収も進めているとのこと。順調に進めば予定通り2024年5月に撤去作業が終わる見通しだという。

スポンサーリンク

撤去開始して間もなく台風により船体分断、撤去期間3ヵ月延長

貨物船「XIN HAI ZHOU 2」撤去工程
  • 2023年
    7月13日
    撤去作業開始

    船体軽量化のため、積荷や搭載物を撤去

  • 8月
    台風6号の影響で船体が分断
  • 2024年
    2月
    撤去完了(当初予定)

  • 5月
    撤去完了(2023年8月変更の予定)

貨物船が座礁した場所は日本最大のサンゴ礁海域で国立公園に指定されている「石西礁湖せきせいしょうこ」であり、周辺環境への影響を最小限に留めるため早期撤去が望まれていましたが、撤去作業が開始されたのは座礁からおよそ半年後の2023年7月中旬。

しかし、撤去作業を開始して間もない8月初旬に襲来した台風6号の影響で船体が分断。台風襲来以前に積荷のヤシガラ流出が確認されていたのは3つある貨物船倉のうち2つだけでしたが、船体分断により全ての船倉から積荷が流出し、被害は拡大。

そして、2023年8月15日、沖縄県の八重山合同庁舎で開催された座礁船撤去作業に関する説明会の中で、撤去期間が3ヵ月延長され、撤去完了予定は2023年2月から2024年5月になることが明らかにされていました。

スポンサーリンク

貨物船「XIN HAI ZHOU 2」座礁に関する記事

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

タイトルとURLをコピーしました