中国の青島沖でタンカーが爆発炎上 船体は真っ二つに

中国の青島沖でタンカーが爆発炎上 船体は真っ二つに 事件・事故

 中国の山東省青島市から南東の黄海でタンカーが爆発炎上する事故が発生。船体は真っ二つに割れ、爆発した時の衝撃がいかに大きかったかが想像できる。乗組員15人は救助されましたが、2人が行方不明になっているそうです。

スポンサーリンク

中国の青島沖でタンカーが爆発炎上 船体は真っ二つに

 2023年1月10日15時50分、中国交通運輸部(交通運輸省)北海救助局に空荷のタンカー船が爆発し乗組員17人が閉じ込められているという一報が入った。事故現場へ救助船の派遣を行い、22時20分に乗組員17人のうち15人を救助。残る2人は行方不明となっており、救助船による捜索活動が行われているそうです。

 事故が起きたのは、山東省青島市の南東45海里の黄海。爆発炎上し、船体が真っ二つに割れたタンカーは中国船籍の「HONG PU 6」(長さ128m、幅20m)と見られている。

スポンサーリンク

事故後に救助される様子

 事故が起きたのはタンカー船とのことなので、爆発する可能性はいろいろあると思いますが、何が原因になったのかは現在不明。船体が2つに避ける程の爆発なので相当な衝撃だったことが想像できます。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました