約2ヵ月かけてヨーロッパに運ばれる円筒形FPSOが中国を出港

重量34,000トンの円筒形FPSOが半潜水式運搬船で中国を出港石油プラットフォーム

 中国の青島で建造された重量34,000トンの円筒形FPSOが、ヨーロッパに向かって中国の港を出港。運搬を行うのは半潜水式重量物運搬船「WHITE MARLIN」。航海にかかる日数は約2ヵ月。

スポンサーリンク

重量34,000トンの円筒形FPSOが半潜水式運搬船で中国を出港

 中国の山東省青島で建造された巨大な円筒形の「Penguins FPSO」が、半潜水式重量物運搬船「WHITE MARLIN」に載せられて中国を出港。大きさは直径87.5m、高さ118m、重量34,000トン。

FPSOとは?

FPSOとは、Floating Production, Storage and Offloading system(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)の略。海洋油田・ガス田のある洋上で石油・ガスを生産するための浮体式設備。生産した原油を船体内の貯油タンクに貯蔵し、輸送タンカーへ積出する。

Penguins oil and gas fieldの再開発

 中国で建造された円筒形FPSOとしては最大と言われる「Penguins FPSO」が向かうのは、イギリスのシェトランド諸島北東に位置する北海の「Penguins oil and gas field」。

「Pioneering Spirit」によるトップサイド撤去(重量=24,000トン)
出典:Allseas

 「Penguins field」は、1974年に発見され、2002年に開発が行われて以降、近くの「Brent Field」にあるプラットフォームから汲み上げが行われていましたが、2017年に「Brent Field」の廃止が決定されたことを受けて2018年に新たにFPSOを使用して「Penguins field」を再開発するという決定が下されていました。

 再開発プロセスの一環として、新たに8つの井戸が掘削される予定。生産された石油はタンカーを介して製油所に輸送され、ガスはパイプラインを介してスコットランド北東部のガスターミナルに輸送される。平均ピーク生産量は約45,000 boe/日。

「Penguins FPSO」を半潜水式重量物運搬船に搭載する動画

 半潜水式重量物運搬船「WHITE MARLIN」に「Penguins FPSO」が搭載される様子。中国から設置する北海の「Penguins oil and gas field」までは17,000海里以上の距離があるそうです。運搬にかかる見込み日数は55日、約2ヵ月。

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました