アジア最大の円筒型FPSO「海葵一号」輸送準備完了

アジア最大の円筒型FPSO「海葵一号」輸送準備完了 石油プラットフォーム
スポンサーリンク

アジア最大の円筒型FPSO「海葵一号」輸送準備完了

2024年5月12日、中国の山東省青島市にある海洋石油工程股份有限公司で建造した円筒型FPSO「海葵一号」(Hai Kui Yi Hao)は、設置場所への輸送に向けて半潜水式重量物運搬船「新光華」(XIN GUANG HUA)に積み込む作業がおこなわれました。

円筒型FPSO(Floating Production, Storage and Offloading:浮体式生産貯蔵積出設備)の最大直径は約90mで、重量は約36,000トン。中国南部の香港沖合にある「流花11-1/4-1油田」へ輸送され、設置がおこなわれる予定。固縛完了後に輸送が開始されるということですが、5月13日時点では山東省の膠州湾に停泊したまま。

香港沖の設置海域では、水深324mの場所に12本のラインで係留。稼働を開始すると1日当たり最大で約5,600トンの原油取り扱いを想定。設計耐用年数は30年で15年間はドックに戻ることなく連続稼働が可能。

半潜水式重量物運搬船「新光華」

船名新光華
総トン数84,503トン
載貨重量トン97,692トン
長さ255.0m
68.0m
深さ14.5m
甲板深度16.0m(最大)
DPSDP-2
建造年2016年
重量21,222トンのクレーン船を輸送する半潜水式重量物運搬船「新光華」
出典:COSCO SHIPPING Heavy Transport

膠州湾でおこなわれた積込作業

円筒型FPSO「海葵一号」を半潜水式重量物運搬船「新光華」の甲板に積み込む作業は、山東省青島市にある海洋石油北側の膠州湾でおこなわれたようです。

青島市から設置場所の「流花11-1油田」までは約2,000km(約1,080海里)。平均10ノットで航行しても輸送時間は4.5日を要する。

山東省青島市にある海洋石油のヤード前から曳航を開始する円筒型FPSO「海葵一号」
出典:龙de船人
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました