☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

ドコモとKDDI共同、「きずな」に船上基地局を設置して運用開始

ドコモとKDDI共同、「きずな」に船上基地局を設置して運用開始 国内ニュース
スポンサーリンク

ドコモとKDDI共同、「きずな」に船上基地局を設置して運用開始

2024年1月6日、NTTドコモとKDDIは能登半島地震に伴い通信障害が発生し、復旧が困難な石川県輪島市の一部沿岸エリアを対象に携帯電話基地局の設備となる「船上基地局」を設置した海底ケーブル敷設船「きずな」の運用実施を明らかにしました。

NTTドコモグループのNTTワールドエンジニアリングマリンが運用する海底ケーブル敷設船「きずな」にNTTドコモとKDDIの携帯電話基地局の設備を設置。衛星アンテナで受信した電波を船上から発信することで、陸路が絶たれ復旧が困難な石川県輪島市の一部沿岸エリアの通信障害復旧を図るという。

NTTドコモとKDDIは、2020年に社会的課題の解決に取り組む社会貢献連携協定を締結しており、災害時の協力などに関する協定に基づいて今回の運用実施に至ったと述べています。

令和6年能登半島地震に伴う「船上基地局」運用の実施概要

運用実施エリア

・石川県輪島市町野町 沿岸付近

※ドコモ、ドコモ回線利用MVNO、au、UQ mobile、povo、au回線利用MVNOの通信サービスが利用可能

運用日時(予定)

・2024年1月6日(土曜)午後~

船名きずな
総トン数8,598トン
長さ109m
20m
喫水6m(最大)
速力13.2ノット
建造年2017年
ケーブル敷設船「きずな」
出典:NTT WORLD ENGINEERING MARINE CORPORATION
スポンサーリンク

陸上側でも進行する通信障害改善に向けた取り組み

2024年1月6日、輸送艦「おおすみ」からエアクッション艇(LCAC)により輪島市大川浜へNTTドコモ基地局車両の輸送がおこなわれています。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。